フォト

wans

  • Image1_5
    わんずの写真。 ちょこちょこ追加して行きます☆
ブログパーツ
dekiru足あと
無料ブログはココログ

○さくらの記録(蛋白漏出性腸炎)

手足口病??

Image1_20190715143301

今朝 息子2の手のひらに水泡がひとつ。

 

手足口病かなぁ。
まだ口の中と足には
水泡は出てないけれど…。

 

 

午前中
3わんずの定期健診で病院へ。

 

さくさんの低アルブミンは
先月1.7からの
少し改善されて2.1。(正常値2.6−4.0)
2.6→1.7→2.1
体重4.0→4.2→4.05
プレドニン5㎎ / 5日に1回0.5錠

 

しずくのBUNは
36.3→25.8→17.8
ここ2ヶ月は正常値を維持。
アルブミンは
2.0→2.2→1.9
しずくは先月プレドニンをやめたので
アルブミン値が落ちるのは
想定内だけれど
やっぱり低いなぁ…。
体重2.6→2.75→2.65
しずくの咳が気になるようになり
レントゲン撮ったら
やっぱりの心肥大。
不整脈があり
心臓悪いのはそうなんだけど、
経過観察の心雑から
心肥大 心臓弁膜症
今日から強心剤の投薬開始。
ピモベハート錠1.25㎎/ 1日2回 各0.5錠

 

しおんは診察してきたけれど
投薬なし
体重7.85
かなり体重落ちました。
10キロある子だったのに
今は軽すぎて
だっこするのが切ない。

 

3わんず通院

Image1_27

午前中は あいらの通院
午後は うちの3わんずの通院。

 

息子2連れて 3わんずの通院は大変なので
診察中は ばぁばに息子2を見ててもらいました。

 

 

肺転移で呼吸も荒く
かなりしんどい しおん。
下顎リンパの転移箇所は
子供の握りこぶしくらいの大きさに。

 

 

さくさんはアルブミン値が
どーんと下がってしまい、
しずくは腎臓の数値
ちょっとだけ改善して
正常値の範囲内に入った。

 

 

いろいろあるけど、
今日から梅雨入り。
私の心も雨模様。

 

 

定期健診。




4/28。
今日は こゆき・しずく・さくらで定期健診。



こゆき。
今回で最後の乳がんの術後検診。(6回目)
月に一度のレントゲン。
転移は見つかりませんでした!
これで完治!
嬉しい気持ちと
他にできた小さな乳腺腫に不安もあるけれど
まずはひとつ乗り越えた。
そして腎臓病の方は
今回も正常値の範囲内でした。
尿素窒素BUN 20.3(正常値は9.2-29.2)
投薬治療(エースワーカー)と
療法食(ロイヤルカナン腎臓サポート&ヒルズk/dシチュー缶)で
コントロールできています。
食欲もあり、お水の量もこの1ヶ月で ずいぶん減りました!
体重はこれまでになく重い 4.7㎏!

*こゆき エースワーカー0.5mg/1日1回1錠




さくら。
さくさんの低アルブミンは
正常値より若干低い2.3で維持できています。
安定しているので
プレドニン(1㎎錠)をこれまでの5日に1回の服用から
6日に1回に変更してみることに。
以前はステロイドの服用を止めたくて
寛解のタイミングで薬を止めることに必死だったけれど、
薬をやめてしまうと不思議と再燃してしまう。
再燃すると結果的にまた高用量服用からスタートのの治療になってしまうので
発症から現在の3年間で学んだことは
お薬をいかに低用量で維持するか。
その量の見極めが難しいのです。

ステロイドを止めたことと再燃の因果関係は
はっきりとはしていないのだけれど。
体重は 4.3㎏ ちょっとむっちり。

*さくら プレドニン1mg/6日に1回1錠




そして しずく。
お口の状態が悪く(リンパが腫れる)
歯石除去手術をしたいのに
さくと同じ
『低アルブミン血症』により
麻酔のリスクが高く
手術ができない状態で
抗生剤で対処している状態が
2ヶ月続いています。
アルブミンは さくより低い1.6!
あと少し下がったら
腹水溜まってしまうし
急性腎不全を起こすリスク、
血栓ができやすくなり
傷が治りにくいなど様々な問題がある。


低アルブミン血症の原因が
歯周病という可能性も考え
抗生剤の治療から入ったけれど、
炎症を抑えても
アルブミンの値は上がりませんでした。
となると
アルブミンの値を上げるには
さくと同じステロイドの治療となるけれど、
ステロイドを飲めば
免疫が落ちる。
お口のトラブルも増える。
けれど
アルブミンが低いと
麻酔をかけられないので
歯石除去手術ができない。
実に悩ましい状態。

しずくは
今回から抗生剤とステロイドを併用にて
アルブミンが正常値になってから
歯石除去手術を予定しています。
リンパの腫れは
抗生剤でかなり落ち着いてきたけれど、
抗生剤は対症療法であり
ずっと続けられるものではないので
手術できるタイミングでしっかり治療したいと思っています。
体重は痩せ気味の2.45㎏。ベストは2.6㎏。

*しずく タラジンカプセル75mg/1日2回各0.5カプセル
*しずく プレドニン1mg/2日に1回1錠





今回 息子2同伴でわんこの通院。
父さん不在での診察だったので
人手が足りず
体調が安定している しおんは連れていかず
次回にしました。

さくさんの経過。

さくさんの経過。

 
さくさん、
土曜日に急遽診察へ。
 
 
結果、
うんこかガスでお腹張っていた模様。
エコーで腹水の有無、
肝臓、両方の腎臓、脾臓、
小腸、腸壁の厚さ、膀胱を確認するも
問題なし。
 
 
腸壁は炎症により
少し厚くなっているそうですが
大丈夫なレベル。
 
 
悪い予感と思い込み
お騒がせしました。
 
 
原因は…うんこです!!
 
 
とはいえ、
アルブミンが2.1(正常値2.6-4.0)で
低い状態が続いているのも事実。
今が踏ん張りどころだねと先生。
 
 
アルブミン値
下がるのは簡単なのに
上げるとなると
0.1増やすのも容易ではないので
消化が良くて高蛋白低脂肪の食事管理
気をつけているつもりだけど…
結果を出すのはなかなか難しいです。
それでも、
しないよりは
鶏ささみを多めに摂取するのが
さくにとってはいいみたい。
 
 
アルブミン値が1.5を下回ると
腹水が溜まります。
今回は薬を増やさない選択をしたけれど、
踏ん張れ!さくさん!
 
 
まず今回は
腹水ではなかったので
かなりほっとしました。
 
 
ご心配おかけしました。

悪い予感。

悪い予感。

 
いつもと変わらない様子の さくさん。
 
 
だけど、
なんとなく お腹張ってるような。
 
 
なんとなく悪い予感。
 
 
腹水を疑う。
低アルブミン血症か。
蛋白漏出性腸炎 再燃かなぁ…。
 
 
 
明日病院に連れて行きます。

こゆたん と さくさん。

こゆたん と さくさん。
お散歩苦手な こゆたん
テンション低い(笑)


こゆたん と さくさん。
さくさんもちょっとブルー(笑)

 
今朝起きたら
銀世界でした。
 
 
父さんにタイヤ交換してもらって
今日は こゆたん と さくさんの診察へ。
 
 
まずは さくさん。
特別悪くもなく、
特別良くもなく、
現在プレドニン(ステロイド)1㍉錠を5日に1回。
効いているか効いていないのか
わからない程度の量だとは言うけれど
これまでの経験上
薬をやめてしまうと 途端に悪くなるので
このままの量で
年末年始を乗り切りたい。
 
 
 
そして こゆたん。
肺転移を疑っていて
確定診断をもらう覚悟で挑んだ
今日の診察。
現在のところ 肺転移は見つからず。
レントゲンには影は見られず。
 
 
じゃあなんなんだ?
この咳は??
原因がわからない意味では
不安は残るけれど、
がん告知されると覚悟して挑んだから、
キレイな肺の画像に
力が抜けた。
(いい意味でね。)
 
 
とは言え
毎月レントゲンによる転移の
確認が必要な状態。
 
 
転移が確認されなかった現状に
ホッとしていいのかもしれないけど、
安心なんてできなくて。
 
 
 
拍子抜けして
お水を多く飲むようになったことや
血液検査についてなど
先生に質問するのを忘れて帰宅した。
 
 
6ヶ月間、
転移が確認されなければ
その後転移は心配しなくていいみたい。
 
 
レントゲンにうつった心臓も
肥大などはなく
聴診も異常なし!
 
 
ただ、
肺に転移した場合の治療について
聞いてみると、
緩和ケアも期待できないみたい。
 
 
転移の可能性は肺ばかりではないから
肝臓、脳…心配は尽きない。
 
 
しおんは昨日定期検査してきました。
前回薬を減らしたら
発作が起こるようになってしまったので
少しお薬を増やしてみることに。

さくさん と はなびさん

 
昨日は
さくさん と はなびさんの診察に行ってきました。
 
 
さくさん、
下痢も続いたけれど、
アルブミンが上昇 2.4!
 
 
蛋白漏出性腸炎からの下痢では
なさそうで一安心。
 
 
 
そして はなびさん。
前日の金曜の夜に
突然ごはんを食べなくなり
ぐったりしてると連絡が入りました。
 
 
昨日 はなびさんもさくさんの診察と一緒に診てもらいました。
血液検査の結果、
肝臓、腎臓、炎症反応、電解質…
異常値がずらり。
先生が3回測り直すも体温は37℃台。
 
ごはんも食べられない状態。
注射での治療となりました。
 
 
そして今日も病院へ。
エコー検査も行い、
脾臓にびまん性の小結節病変部あり
リンパ腫を疑うとの事でした。
 
 
詳細は のぞさんのブログに掲載する予定です。
 
 
取り急ぎ
はなびさんの里親募集は停止することを
ご報告させていただきます。
 
 
これから先
どのくらいの医療費がかかるのか
把握できていません。
 
 
リンパ腫だとして
私としては
延命としての抗がん剤などはせず
痛みや苦しみなどの
苦痛を緩和することを目的とした
治療をと考えています。
 
 
今日は昨日より体調が良さそうですが、
先生のお話では
リンパ腫および腹腔内の腫瘍は
進行が読みにくいため
予後は要注意だそうです。
 
 
のぞさんには
これから治療に通ってもらうことになり、
時間的にも精神的にも
負担をかけてしまいますが、
はなびさんにベストな治療をしていけたらと
思っていますので
応援よろしくお願い致します。




0709
7/9 はなび 犬の登録 3,000円
(保護から1年が過ぎたため 犬の登録を行いました)



0917


9/17 フィラリア予防薬(イベルメック1箱) 3,000円


0923
9/23 はなび リンパ腫治療 8,740円


定期検診。

定期検診。

7/9 しおんとさくさんの定期健診。
しおんはただいま
てんかんのお薬を減らしています。
 
 
これまで服用していたのが
フェノバールと臭化カリウム。
どちらも1日2回。
 
 
2月に臭化カリウムを1日1回にして、
3月に臭化カリウムを2日に1回にして、
5月に臭化カリウムを中止、
7月からはフェノバールを
1日2回各37.5mgから30mgに減らした。
経過を観察しながら
段階を踏んで減らしていこうと話しているので
スローペースではあるけれど
順調に減らしているのであります。
 
 
てんかんとは
生涯付き合っていく病気だと思っていたので、
減らすことができた事実に
ただただ嬉しい。
現在発作はすっかり落ち着いています。
 
 
体重10.35㎏。
 
 
聴診&血液検査の結果も異常なし。
アルブミンが3.1。
肝機能はフェノバール飲んでいるから
若干高めだけど許容範囲内。
 
 
目指せ!断薬!!
 
 
 
 
 
 
そしてさくさん、
さくさんの低アルブミン血症、
こちらもただいま寛解中。
アルブミン値、
これまででで最高の2.8!
4月からアルブミン値が
安定してきて
基準値の範囲で維持しています。
そんな さくさんも
今回からプレドニンを6日に1回から
10日に1回に変更。
 
 
間もなくお盆休みもあるからと
減らすことをためらったのは母さんの方で、
先生は6日に1回でもほとんど身体に影響ないレベル、
今度は10日に1回に
減らしてみましょうとのお話でした。
 
 
これまでのさくさんは
寛解して薬を止めた途端再燃して、
ふりだしに戻り
また高用量のステロイドの処方になるパターン。
ステロイドの止め時が難しい。
 
 
薬を止めたことと
再燃の因果関係はわからないけれど、
ここ2年ずっと一進一退だったから。
確実に…なんてことは無理なんだけど、
慎重に1歩1歩進んで行きたいの。
 
さくさん体重4.55㎏。
前回より0.3㎏太ったな…。
 
 
 
 
 
しおんもさくも
生涯お付き合いしていく病気と思っているけれど、
ここ数ヶ月はふたりとも体調が良く
落ち着いています。
このままずっとそうだとは
思っていないけれど、
この状態が少しでも長く続いたら嬉しいな。
 
 
 
暑い季節は
体調を崩しやすい。
 
 
息子2が生まれてからは
わんずの異変に気が付くのが遅いかもしれない。
それは自分でもわかっていて、
でも幸せなことに
これまでは自分が気が付くしかなかったことも
家族が増えたらたくさんの目があるっていう利点もある。
 
 
ばぁばがよく気が付く人だから
助けられていると思っています。
 
 
 
次の診察はお盆明け。
お薬を減らして
体調崩さないか…
注意深く見守りたいと思います。

さくさん定期検診。

さくさん定期検診。

 
父さんが
先週末から
長期休暇取得中なので
今度の日曜日まで9連休。
 
 
一方
母さんは月末・月初
かなりバタバタする仕事。
毎月の事ながら
当月締めが終わるまで帰れません。
 
 
連休で時間を持て余している父さん、
昨日さくさんの定期検診に
連れて行ってもらいました。
 
 
前回同様
結果が安定していたので
プレドニンを
これまでの5日に1回から
6日に1回に変更しました。
 
 
この2ヶ月間
アルブミンの数値が
正常範囲におさまっている。
ずーーっと
低アルブミン状態が続いていたから
夢みたいな気持ち。
 
 
とはいえ
寛解と再燃を繰り返す病気だから、
いつ急に悪くなっても
おかしくない。
これからも変わらず
一緒に闘っていこうと思う。

寛解と再燃。

寛解と再燃。

 
こゆたんの血便の治療と一緒に
さくさんも定期検診を済ませてきました。
 
 
 
前回のアルブミン値が
腹水溜まりそうな 1.8。
(正常値2.6―4.0)
そこでステロイドを
6日に1回から
5日に1回に戻しました。
 
 
そして今回の結果は、
アルブミン 2.5!
正常値には少し足りないけれど、
さくさん、
この1年18回の血液検査で
アルブミン値が2.5まで上昇したのは
今回含めたった3回しかありません。
 
 
2.5は さくにとって
とても優秀な数値。
 
 
こゆたんが大変な今
さくの状態が改善されたことで
少し気持ちの負担が軽くなった。
 
 
こゆたんのこと、
さくさんのこと、
心配事が重なると
それしか考えられなくなって
まわりの事が見えなくなる。
 
 
視野が狭いのも
うじうじした性格も
自分の事はわかっているけれど、
メンタル弱いんだな、
落ち込んだらどこまでも落ちる。
どーにもならない。
 
 
さくとこゆ
ふたりのことで不安でいっぱいだったけれど、
さくが寛解したことで
こころの負担が半分軽くなった感じ。
実に単純。
 
 
 
今日はゆっくり眠れそう。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

★あおいちゃん(幸せわんこ) ★あかねちゃん(幸せわんこ) ★あずきちゃん(幸せわんこ) ★あられちゃん(幸せわんこ) ★いちごちゃん(幸せわんこ) ★うみはちゃん(幸せわんこ) ★うららちゃん(幸せわんこ) ★えるもくん(幸せわんこ) ★おりおくん(幸せわんこ) ★おれおちゃん(幸せわんこ) ★かいるくん(幸せわんこ) ★かえでちゃん(幸せわんこ) ★かずほちゃん(幸せわんこ) ★かなでちゃん(幸せわんこ) ★かぶきちゃん(幸せわんこ) ★かりんちゃん(幸せわんこ) ★かんたくん(幸せわんこ) ★かんなちゃん(幸せわんこ) ★きなこちゃん(幸せわんこ) ★きなりちゃん(幸せわんこ) ★くるみちゃん(幸せわんこ) ★こころちゃん(幸せわんこ) ★こはくちゃん(幸せわんこ) ★こはるちゃん(幸せわんこ) ★ごくうくん(幸せわんこ) ★さつきちゃん(幸せわんこ) ★さゆきちゃん(幸せわんこ) ★さんごちゃん(幸せわんこ) ★すみれちゃん(幸せわんこ) ★せいらちゃん(幸せわんこ) ★せさみちゃん(幸せわんこ) ★せっかちゃん(幸せわんこ) ★ちろるちゃん(幸せわんこ) ★つきみちゃん(幸せわんこ) ★つむぎくん(幸せわんこ) ★なづなちゃん(幸せわんこ) ★のえるちゃん(幸せわんこ) ★はなびちゃん(お星さまわんこ) ★はなみちゃん(幸せわんこ) ★ばにらちゃん(幸せわんこ) ★ひじきちゃん(幸せにゃんこ) ★ひびきくん(幸せわんこ) ★ひよりちゃん(幸せわんこ) ★ぺーたくん(幸せわんこ) ★ほたるちゃん(幸せわんこ) ★ほなみちゃん(幸せわんこ) ★ぼたんちゃん(幸せわんこ) ★まりあちゃん(幸せわんこ) ★みそらちゃん(幸せわんこ) ★みるくちゃん(幸せわんこ) ★めいじくん(幸せわんこ) ★もとかちゃん(幸せわんこ) ★もなかくん(幸せわんこ) ★もみじちゃん(幸せわんこ) ★ももかちゃん(幸せわんこ) ★ゆきみちゃん(幸せわんこ) ★よつばちゃん(幸せわんこ) ★りっかちゃん(幸せわんこ) ★ろってちゃん(幸せわんこ) ★わかばちゃん(幸せわんこ) ☆あいらちゃん(里親募集中) ☆ころねちゃん(里親募集中) ☆つくしちゃん(募集一時停止) ☆つばきちゃん(募集一時停止) ■わんにゃんらいふ。とは? ■わんにゃんらいふ。の想い ■わんにゃんらいふ。オフ会 ■一時預かりボランティア ■会計報告 ■収支明細報告(H23年度) ■収支明細報告(H24年度) ■収支明細報告(H25年度) ■収支明細報告(H26年度) ■収支明細報告(H27年度) ■収支明細報告(H28年度) ■収支明細報告(H29年度) ■幸せになった子達 ■譲渡について ■里親アンケート(里親応募はこちらから) □Special Thanks □ご支援のお願い ◆ひろりんさんフリマ情報 ○jagabee☆ファミリー ○さくらの記録(蛋白漏出性腸炎) ○しずくの記録(頚椎・腰椎/椎間板ヘルニアと子宮蓄膿症) ○我が家のわんわんず ◎やえはなプロジェクト ◎わんごはん ●こゆきの記録(前庭疾患・悪性乳腺腫瘍・腎不全) ●しおんの記録(癲癇・AIHA・メラノーマ) ●じゅりが家族になるまで ●ゆうとの日記 【迷子犬】柴犬女の子(解決済) 日記・コラム・つぶやき

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー