フォト

wans

  • かぶき
    わんずの写真。 ちょこちょこ追加して行きます☆

2010年9月14日 (火)

ゆうとの一周忌。

ゆうとの一周忌。

ゆうがお星さまになって、1年になりました。


ゆうとのお別れは、
お別れの選択は
とても苦しいものでした。

病院の酸素室で
苦しみながら生きるゆうとに
私は『安楽死』という決断を
なかなかできずにいました。

『ゆうとを殺すことはできない』

だけど、わかってもいました。

『殺すのではなく、楽にしてあげることだ』とも。

医師は、良くなる可能性もなく
目の前で苦しんでいるゆうとが
かわいそうだと言いました。

それも、わかっています。

だけど…キセキが起きて
良くなるかも知れない

その気持ちも諦めきれませんでした。


医師と、愛護団体の代表と、ジャガビー☆父さんは
話し合った後
ゆうとの安楽死を決めました。

最後まで泣きっぱなしの
母さんでしたが、
覚悟も決めました。


だけど、
父さんと病院に向かう前にゆうとは息を引き取りました。


母さんが苦しめてしまった。
ひとりで逝かせてしまった。
前の日のお見舞い、
眠ってるゆうを起こさず
そっと帰ってきたけれど
一瞬でも酸素室から出して、抱き締めてあげればよかった。

後悔ばかり、泣いてばかり。


ゆうは8月に東京に戻る予定でしたが、

それが決まった頃から
容態が悪くなり、

結果的に、私の側で天使になりました。

もしかしたら、
もっと高度医療でゆうとの病気が
良くなったのかもしれません。

けれど、移動のからだの負担というリスク
ゆうとが耐えられたのか、わかりません。


友達が言ってくれました。
『ゆうとはジャガビー☆さんちに居たかったんだよ』って。
『ジャガビー☆さんを悲しませないために、ジャガビーさんが病院に着く前にゆうとは自分で決めたんだよ』って。


その言葉に、どんなに救われたか…。


いまも、まだゆうの写真を見ると苦しくなります。

たくさんの後悔と、
もっとこうしていたら…そんなことばかり
もやもや考えます。

ゲージから、
いつもまっすぐな目で母さんを見つめる子でした。

パピーの匂いと、
痩せ細った筋肉のないからだ、
すべてがゆうだった。
だいすきだった。

ゆうとには
たくさんの方の応援がありました。
ご支援もいただきました。
たくさんの方に支えられて、ゆうとの限られた命を濃いものにできたと思っています。

いまも、気持ちの整理がつかず
納骨できず
ゆうもじゅーも、
リビングで過ごしています。

支えてくれる友達、家族、ありがとう。
ゆうとを思い出してくれてありがとう。


ゆう、
ずっとずっと大好きだよ。

2009年10月 5日 (月)

ゆうとの収支明細のご報告

ゆうとの収支明細をご報告させていただきます。

9/19支払いの医療費は

先生のご厚意により

酸素室入院費用(2泊3日)のみと

なっております。

ありがとうございました。

収入 支出(ゆうと医療費)
5/28 T様 \10,000 5/6 S病院 \  3,080
5/29 A様 \  2,000 5/14 MI病院 \    720
6/1 M様 \10,000 5/16 MI病院 \    800
6/5 S様 \  5,000 5/18 M0病院 \  7,540
6/5 T様 \  5,000 5/21 MI病院 \  5,000
6/19 A様 \  3,000 5/23 MI病院 \  3,000
8/22 利息 \       1 5/25 MI病院 \    600
9/14 A様 \  5,000 6/15 ワクチン \  3,000
9/15 A様 \  3,000 9/15 火葬 \10,000
      9/19 MI病院 \10,000
           
収入合計 \43,001 支出合計 \43,740

気がつけば、日めくりカレンダーは残りわずかに

なっていて

時は確実に過ぎているんだと改めて感じたり・・・。

ゆうとを応援してくださったみなさま

本当にありがとうございました。

たくさんの方に支えられて

ゆうとは一生懸命頑張りました。

文字ではうまく記載できず

ありきたりの言葉になってしまい

文章力と表現力のなさを改めて痛感していますが

応援してくださったみなさま、

banibaniさん、ボランティアのみなさま、

わん友と父さん、息子、先生、

わんわんず

本当にありがとうございました。

2009年10月 1日 (木)

ゆうとの支援口座について

ゆうとの支援口座について

現在自宅PCが使用できないため

収支明細は今週末以降に掲載いたします。

ご報告が遅くなり申し訳ございません。

安楽死について

いろいろなご意見があるとのことでした。

まだ、当日のゆうとの様子を細かく書くまでの

気持ちの整理はついていません。

けれど、当日の夕方お見舞いに行った私は

苦しそうに眠るゆうとに安楽死の選択ができず

けれど、banibaniさんのこれまでのお話を聞き

納得の上病院に向かう決意をしましたし

もちろん、banibaniさんとの電話を切る際にも

辛いけれど納得していました。

そして、私だけではなくbanibaniさんも苦しかったのは

何度も電話した私が一番よくわかっています。

あの時安楽死をさせたら、苦しまないでいくことができた。

それも思います。

最期は本当に苦しませてしまったから・・・。

なにが正しいのか、何が間違ってるのか

まだ、私にはわかりません。

辛かったけれど

誰もがゆうとを思っての決断だった、それが事実です。

まだ、ゆうとを失って1ヶ月も経っていません。

その日のことを思いだすたび、苦しくなります。

悲しくなります。

ゆうとを穏やかに過ごさせてあげてください。

いろんなご意見があるのもわかりますが

失って悲しみから抜け出せない、

ゆうとと、ゆうとの周りの人たちにも

穏やかで優しい時間をください。

2009年9月18日 (金)

おさんぽ

7月。

皮膚炎が落ち着いた頃、お外にお散歩に出ました。

初めてのおさんぽです。

ゆうとは、体調がいい時に

抱っこしてほんの少しの時間お外に出ることはありましたが

お散歩は数える程度しか、

本当に短い時間しかできなかったけど、

それでも、

一緒にお散歩できて、

母さんは嬉しかったよ。

2009年9月14日 (月)

ご支援くださった皆さまへ

ご支援くださった皆さまへ

本日午後6時、ゆうとがじゅーのところへ旅立ちました。

夕方4時すぎにお見舞いに行きました。
酸素室の中のゆうとをそっとのぞくと
苦しそうに呼吸をしながら眠っていました。


酸素室での呼吸も苦しいのだから、
もう苦しませないであげるべきなのではないか…
医師からはそう告げられました。

だけど…答えが出せないまま帰宅し
banibaniさんにその旨をお伝えしました。


もしかしたら、キセキがおきて
元気になるかもしれない…
そう思うと、
『安楽死』はできなくて
だけど、目の前のゆうとは
今その瞬間も苦しんでいて…

先生、banibaniさん、ジャガビー☆父さん、みんなで話して
『安楽死』を決めたけれど
だけど、ゆうとは
私達夫婦が病院に向かう前に息を引き取りました。

何が正しいか
わかりません…。

最期は苦しみながら息を引き取りました。

側にいてあげられなくてごめんなさい…。
何にもしてあげられなくてごめんなさい…。

もっとこうしていたら…
そんなことばかり考えます。

ゆうとにご支援くださった皆さま
本当にありがとうございました。

今は気持ちの整理がつかず、
うまく文字にできません…。
だけどゆうとはたくさんの方に励ましてもらって、
今までがんばってきました。
本当にありがとうございました。

2009年9月13日 (日)

ゆうとの様子

ゆうとのお見舞いに行ってきました。

酸素室でのゆうと
呼吸はだいぶ落ち着いていました。

呼吸が楽になり、
ごはんも食べられるようになったそうです。

お見舞いに来た私達の顔を見ると
喜んで興奮してしまったので
今は安静にする必要があるため
ほんの少ししか顔を見ることができなかったけれど…。


昨日は小さなからだで
からだすべてを使っているかのように
いっぱいいっぱい
苦しそうに呼吸をしていました。

昨夜は
ゆうとの事を考えては
『どうしているかな』
『大丈夫かな』
不安でしかたなくて
辛くて気が狂いそうだったけれど

今日のゆうとの様子をみて
不安は安心にかわり
少し気持ちが楽になりました。

ゆうと、頑張ろうね!
明日もお見舞いに行くからね!

2009年9月12日 (土)

ゆうと入院しました

ゆうと入院しました

木曜から毎日点滴に通うことになり
金曜からはこれまで以上に薬の量が増え
今日の午前中も点滴に行ってきました。

けれど、
相変わらず呼吸は荒く
午後1時過ぎ
『きゃーん!!』と悲鳴を2回あげて
一瞬白目になり倒れました。

意識はあり、
抱っこして様子を見ましたが
呼吸が安定せず
再度病院へ。

ゆうと、入院になりました。

酸素室でしばらく様子を見るためです。

ゆうとは現在
肺水腫や腹水といった症状はありません。

先生も、できるだけの事をしてくれています。
だけど、今現在できる処置はありません…。

酸素室で呼吸を楽にしてあげることが
ゆうとの苦しみを取り除く方法だと思います。

それで病気がよくなるわけではないけれど…。

これまで
ゆうとをご厚意で診察していただいておりましたが
入院と酸素室については
治療費がかかります。

明日、お見舞いに行ってきます。

2009年9月10日 (木)

ゆうと頑張れ!

昨日の夜、ちょっとひどい血便をしました。 今朝、病院に行き 点滴をしてきました。

酸素不足で、体内の機能の低下で
栄養をうまく摂取することができず
痩せたり
消化不良だったり
毛づやがなくなったり
血便だったりするそうです。

今できること。
興奮させないように、安静に…。

見守るしかなくて、切ないです…。

2009年9月 6日 (日)

今日のゆうと

今日のゆうと

一日の中でも
呼吸が荒かったり
治まっていたり
不安定な毎日を過ごしています。

苦しいときは
泡を吹いて
鼻水を流し
震えも伴います。


夕方のうんちには
少し血がまじっていました。


どうか、少しでも早く
ゆうとの体調が落ち着きますように…。

2009年8月12日 (水)

ゆうとのおすわり♪

ゆうとのおすわり♪

いつの間にできるようになってたんだろう?wobbly

…なんて、思っていたら

父さんが教えてたらしい。wobbly
(知らなかった)


さすが!父さん!!
『しつけ係』!!shine


母さんは、やっぱり
『甘やかし係』kissmark…です。

その他のカテゴリー

■わんにゃんらいふ。の想い | ■一時預かりボランティア | ■会計報告 | ■収支明細報告(H23年度) | ■収支明細報告(H24年度) | ■収支明細報告(H25年度) | ■収支明細報告(H26年度) | ■収支明細報告(H27年度) | ■収支明細報告(H28年度) | ■幸せになった子達 | ■譲渡について | ■里親アンケート(里親応募フォーム) | □Special Thanks | □ご支援のお願い | ○jagabee☆ファミリー | ○こゆきの記録(前庭疾患・乳腺腫瘍) | ○さくらの記録(蛋白漏出性腸炎) | ○しおんの記録(癲癇とAIHA) | ○しずくの記録(頚椎・腰椎/椎間板ヘルニアと子宮蓄膿症) | ○じゅりが家族になるまで | ○ゆうとの日記 | ○我が家のわんわんず | ◎やえはなプロジェクト | ◎わんごはん | ★あおいちゃん(幸せわんこ) | ★あかねちゃん(幸せわんこ) | ★あずきちゃん(幸せわんこ) | ★あられちゃん(幸せわんこ) | ★いちごちゃん(幸せわんこ) | ★うみはちゃん(幸せわんこ) | ★うららちゃん(幸せわんこ) | ★おりおくん(幸せわんこ) | ★おれおちゃん(幸せわんこ) | ★かえでちゃん(幸せわんこ) | ★かずほちゃん(幸せわんこ) | ★かなでちゃん(幸せわんこ) | ★かぶきちゃん(幸せわんこ) | ★かんなちゃん(幸せわんこ) | ★きなこちゃん(幸せわんこ) | ★きなりちゃん(幸せわんこ) | ★くるみちゃん(幸せわんこ) | ★こころちゃん(幸せわんこ) | ★こはくちゃん(幸せわんこ) | ★こはるちゃん(幸せわんこ) | ★さゆきちゃん(幸せわんこ) | ★さんごちゃん(幸せわんこ) | ★せいらちゃん(幸せわんこ) | ★せっかちゃん(幸せわんこ) | ★ちろるちゃん(幸せわんこ) | ★つきみちゃん(幸せわんこ) | ★なづなちゃん(幸せわんこ) | ★はなびちゃん(お星さまわんこ) | ★はなみちゃん(幸せわんこ) | ★ばにらちゃん(幸せわんこ) | ★ひじきちゃん(幸せにゃんこ) | ★ひびきくん(幸せわんこ) | ★ひよりちゃん(幸せわんこ) | ★ぺーたくん(幸せわんこ) | ★ほたるちゃん(幸せわんこ) | ★ほなみちゃん(幸せわんこ) | ★みそらちゃん(幸せわんこ) | ★めいじくん(幸せわんこ) | ★もとかちゃん(幸せわんこ) | ★もなかくん(幸せわんこ) | ★もみじちゃん(幸せわんこ) | ★ももかちゃん(幸せわんこ) | ★ゆきみちゃん(幸せわんこ) | ★りっかちゃん(幸せわんこ) | ★ろってちゃん(幸せわんこ) | ★わかばちゃん(幸せわんこ) | ☆かいるくん(募集一時停止中) | ☆よつばちゃん(募集一時停止中) | ☆ヨーキーくん(元の飼い主さん捜索中) | ♪幸せ卒業わんこ | 日記・コラム・つぶやき

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ