フォト

wans

  • Image1_5
    わんずの写真。 ちょこちょこ追加して行きます☆
ブログパーツ
dekiru足あと
無料ブログはココログ

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

ありがとうございます!

Image0_20200331124101
↑Iさんから


Image1_20200331124101
↑Mさんから


Image2_20200331124101
↑吉田さんから


フードやシーツが届きました。
ありがとうございます!


今回の保護っ子たち、
6.5kg、7.5kgとなぜか大きめサイズの子達が多く
食いしん坊だそうで、
どれだけ食べるのかドキドキしています。

いただきましたご支援は
保護っ子たちで大切に使わせていただきます。


ありがとうございました。

 

ありがとうございます!

ご支援のお願いをしたところ、
早速届いております。


ありがとうございます!!

 

Image0_20200325122801
ひよりちゃんの里親さんから
(掲載が遅くなりました)



Image1_20200325122801
↑yanshi5さんから



Image2_20200325122801
モルトくんの里親さんから



Image3_20200325122801
↑mgm314さんから



Image4_20200325122801
↑__tctc122__さんから


それぞれペットシーツが届きました。
感謝感謝です!!
本当にありがとうざいました。(T_T)


新人さんたちは
トイレの認識がない子がほとんどです。
最初は広い範囲にペットシーツを敷きます。
トイレトレーニングして
シーツを認識するまでには
結構な枚数を使用するため
消耗品は本当に助かります。

保護っ子たちで大切に使わせていただきます。



ありがとうございました。


 

 

 

家族になりました。

Image0_20200322234601

4わんずを亡くして
私達家族のココロに大きな穴が空いた。

 

 

わんこのいないうちに帰りたくなくて
毎日が虚しくて
そんな日々の中
『はるか』と出会った。

 

 

はるは父さんの大きなココロの穴に
すっぽりとハマり
最初から何の違和感もなく
すんなりと家族になった。

 

 

私はと言うと
まだどこか違和感がある状態で
きっと少しずつ時間をかけて
はると丸くなっていく
そんな気がしている。

 

 

はるはわんこのいなくなった寂しい我が家に
たまたまご縁があって
里親として迎えることになった
ゴールデンの女の子。
飼い主さんの事情により
我が家がバトンタッチして
この子を大切に育てることに決めた。

 

 

ダックス好きの私が
ゴールデンを家族に迎えるなんて
全く考えてもいなかったけれど
元々大型犬(フラット←しおんに似てるから)
が好きな父さんのココロの大きな穴に
大きなはるがすっぽりとハマって
一生懸命可愛がりお世話している。
はるもまた
父さんの事しか見えてないくらいに
父さんラブ。
いい父娘になりそうです。

 

 

しおんを亡くしてから、
ダックスのブラックソリッドの繁殖引退犬を
引き取る予定で
時期が来たら迎えるつもりでいたけれど
それより先に予想外のはるが家族になりました。

 

 

 

 

はるです。
どうぞよろしくお願いします。

 

2018年度収支明細のご報告

 平成30年度(H30/(2018)/4/1~R1(2019)/3/31)の
会計報告をさせていただきます。

わんにゃんらいふ。専用口座

20191 
20192

20193


ダウンロード - 2018e58f8ee694afe6988ee7b4b0.pdf




☆上記、治療の領収証(内訳)につきましては
治療日前後のブログにその都度掲載しておりますのでそちらでご確認ください。
病院の領収証は公開させていただいておりますが、
病院名や飼い主名の欄などの一部情報は削除してございます。

 

新入部員。

春は卒業、入学の季節。 
わんにゃんらいふ。も新しい子達が入部予定です。

たくさんの子の入部に伴い
一時預かりさんの募集と
ペットシーツ、フード、
医療費のご支援のお願いをさせてください。

これから5わんずの避妊手術と健康診断を行い
何か疾患が見つかれば治療、
フィラリアやノミダニ予防がスタートします。
シーツやフードもたくさん必要になってくると思います。

いつもお願いばかりで心苦しいのですが
ご協力よろしくお願いいたします。

※ペットシーツは厚さにこだわりはありませんが
ワイドサイズ、スーパーワイドサイズだと
助かります。

※フードはちょっと贅沢なのですが
ニュートロのシュプレモ
穀物フリー(◯◯のレシピ)を使用しています。

入部予定のわんこ達

2020/4/1現在の年齢
チワワ 女の子 クリーム 4歳
ダックスロング 女の子 チョコタン 3歳
ダックスロング 女の子 チョコダップル 4歳
ダックスロング 女の子 クリーム 6歳
ダックススムース 女の子 ブラタン 3歳

ゆっくり家族になれたらいいな。

Image0_20200310221201

日曜日は ひろりんさんちにお邪魔して 

ふらんに会ってきました。 

大きなボール転がして走り回る息子2は 

ふーちゃんにとって 

多分怪獣のような存在で 

こわくて逃げ隠れていました。 

ひろりんさんちのペコちゃんも 

息子2怪獣に追いかけられ 

かなり迷惑そうでした。 

(…申し訳ありません(。-∀-)) 

ふーちゃんの様子は 

ブログよりインスタの動画の方が 

雰囲気を伝えられるので 

なるべくインスタでUPしたいと思います。 

ちょっとびびりで男性が苦手な傾向。 

あまりべったり抱っこを好む子ではないけれど 

ゆっくり家族になっていただける 

里親さまを募集しています。 

面会も可能ですので 

まずは会ってみたいなど 

ふらんが気になる方は 

メールかコメント欄から 

ご連絡ください。 

 

よろしくお願いします。

雨降り地区

Image0_20200306124901

3/4膀胱炎で病院に。
診察してもらったら
2年前にも膀胱炎になって治療してるねと。

 

何か膀胱炎になるようなこと
ありましたか?と聞かれ
ペットロスで精神的につらかった…の話になり、
(↑総合病院の内科です)
そしたらお医者さんも、
愛犬を亡くしたそうで、
見渡すと診察室には先生のわんこの写真が
たくさん貼ってあった。
愛犬とはどこに行くにも一緒で
離れたことはなかったと先生。
今は亡くなるのが辛いから
アイボを飼っているそうで
アイボの様子も教えてくれた。

 

 

いい話があるんだよ、と
私に虹の橋や犬の十戒のコラムの載った紙を見せて
コピーあげるから読んでみてね
少し気持ちが楽になるよと
先生自らコピーして手渡してくれた。

 

 

待合室はしーんとしているけれど、
診察室には中森明菜が流れていて
ちょっと不思議な病院。
でも犬好きな先生だと知ったら
なんだか急に親近感。

 

 

雨降り地区

 

また涙してしまうけど

 

先生、
そしてあたたかいことばをかけてくれる
里親さんやわんこ友達
ありがとう。

 

そしてうちの母も
私のことをすごく案じてくれてます。
心配かける娘でごめん。

 

 

写真は病院の先生からいただいたもの。
手帳に挟んで持ち歩いています。

 

 

かのんちゃんおめでとう☆

Image0_20200306121701

トライアル中だった『かのん』
3/1里親様からご連絡があり
正式譲渡となりました!




『最近は完全に「かのんちゃん」 中心の生活です。
個性的で何かと手が掛かる点が
可愛くて仕方ありません。
この子の生涯に渡り責任を持ち
パートナーとして大切に
可愛がっていく事を約束します』


里親様より
頼もしく嬉しいお言葉をいただきました❤



かのん
お名前は『かのん』のままで
(観音様を連想させる
とても素敵な名前に感謝しています(里親様より))
幸せになりました!


応援、ご支援
本当にありがとうございました!


かのんパパの
インスタ楽しく拝見しています♪
気になる方は こちら から

かのんのお見合いの様子は こちら
のぞさんのブログ でご覧くださいね☆


 

 

フード購入しました。

2/5 フードを購入しました。
フードは あいら&かのん の一時預かり のぞさん宅と
あめり&ふらん の一時預かり ひろりんさん宅に
それぞれお届けしました。



Cci20200722 

2/5 フード代(@5,400×2) 10,800円




2/29 フードを購入しました。
フードは ころね の一時預かり さとみさん宅に
お届けしました。



Cci20200722_0001
2/29 フード代 5,400円






3月になりました。

しずくの月命日と
さくらの初七日を終えて
月末の仕事もこなした2月最終金曜の夜
溜まっていた思いが溢れて
思いっきり泣いた。

 

 

どんなに泣いても
どこから湧き出てくるのか
悲しさも虚しさも
おさまることもなく
止まらないから困ったもんだ。

 

 

私が泣くと
息子が不安な顔をする。
ごめん息子…と思うのに
今は自分の感情を抑えられなくて
昨日は父さんに思いっきり感情をぶつけて
吐き出して泣いた。

 

 

どんなにつらくても
もう会えない現実は変わらない。
わかっているけど
もがいてもがいて
毎日が苦しい。
ごはんの時
テーブル下からの目線がないことも、
お風呂の時
覗き見に来る影がないことも、
生活のすべてにわんこがいたのに
みんないない。

 

 

ずっと見てきた父さん
この1ヶ月私の精神状態がおかしいと
気がついていたそうで
感情を溜め込まず吐き出して
自分にぶつけていいから、
ゆっくり解決していくしかないと言う。
わかっているんだよ、
このつらさには
薬なんてなくて
時間がかかること。

 

でも、
おかしくならないわけがない。
ずーーーっと一緒にいた娘たちがいない。
普通でいられるわけがない。

 

 

うちに居ると
わんずが居ない現実を突き付けられるので
うちに居たくない。
でも無気力でどこに出掛けるわけでもなく
ただただ何もせず過ごす週末に
声をかけてくれた
のぞさん、
そして父さんありがとう。
土曜日は久しぶりに
のぞさんちでわんこのぬくもりに触れ、
夜は帰宅した父さんと当日予約で近くの温泉に。
ずっとシャッターピシャリとおろしていたところに
ようやく少しだけ風が入ってきたような感じ。
ああ、私笑えるんだとも思った。

 

 

ブログ書いても泣けてきてしまうのが実情。
でも3月にもなった。
時間は少しずつ進んでる。
少しずつ前に進まなくちゃ。

 

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー