フォト

wans

  • Image1_5
    わんずの写真。 ちょこちょこ追加して行きます☆
ブログパーツ
dekiru足あと
無料ブログはココログ

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

どうして?

Image1_20190630231201

28日夜 サメステーキ1枚完食。

 

29日朝 鶏も豚もあまり食べない。
茹でたサメ肉は
仕方なく手から渋々少しだけ口にした。

 

29日夜 豚ハツ1キロ大人買い。
豚レバーと一緒に茹でたものを
小さくカット。
そこそこ食べた。

 

豚ハツのキロ買いは
しおんの自己免疫溶血性貧血の時には
かなり頻繁だったけど
ここ数年は全くしてなくて
あの時のことを思い出しながら調理。

 

あれから8年、
豚ハツ食べられるのは
しおんだけ。
さくらは淡白漏出性腸炎なので
療法食と鶏ささみか胸肉の手作り、
しずくは腎臓病なので
療法食とリンの少ない食材での手作り。
↑手間だけど3わんずごはんが違う。

 

昨日あたりから
下顎リンパの大きなしこり
(子供の握りこぶし大)が
なぜか目に見えて小さくなる。
それが何故なのかは
わからないけれど、
…あまり良いことでは無いような気がする。

 

身体はもうすっかり痩せてしまい、
背骨が浮き出ている。
体力なくなって
2、3歩歩いたらゴロッと横になる。
それでもトイレにはしっかり歩いていくのが
しおんらしいと思う。

 

今日はお出かけしたいと
玄関まで歩いて来てスタンバイ。
一緒に行こう。
少し車で出かけようか。

 

食べられるものは何だろう?

Image1_20190626221501

昨日の夕方のお散歩は
短い距離を一周、
カートに立ったまま乗っていた。
風を感じて気持ちよさそう。
目が生き生きしてる気がした。

 

時々呼吸が苦しくて
口を開けたままになるけれど
土曜日に比べると
落ち着いていて
だから今は食事も口にできるんだと思う。

 

金曜の夜から土曜日は
ずっとパンティング状態で
苦しくて頭をさげられなかった。
それが今は頭をさげて
横になっている。

 

 

25日夜は
茹でた砂肝と
茹でたまぐろの赤身を食べた。

 

26日朝は
豚レバーとまぐろ。
その煮汁でふやかしたカリカリは拒否。

 

26日夜は
豚レバーに豚ヒレ肉を煮込んだものに
少しごはんを入れたリゾット。

 

食事をすると
その後が少し呼吸が苦しくなる気がする。

 

においのある物なら
何とか口にしている。
明日のために
鶏ハツを鶏むね肉と煮込んで仕込み中。

 

 

何なら食べてくれる?
スーパー行っても
そんなことばかり考える。

 

 

余命宣告
1週間から長くて1ヶ月、
その1ヶ月が過ぎた今は
しおんの奇跡の時間でもある。
苦しみながら生きながらえて欲しいとは
思っていないけれど、
この2日穏やかな時間を一緒に過ごしていると
今を大切にすること
同じ時を共にいられることがありがたい。
大切な時間。

 

もちろん
しおんにも私たち家族にも
辛い時間でもあるけれど。

 

 

病状が良くなることはないし
砂時計の砂が
サラサラと落ちていくのを
ただ見ていることしかできない。

 

 

寄り添うからこそ
つらくて泣いてしまう時が
多々あるのだけど、
息子2を心配させてしまうので
なるべく息子2の前では我慢する。
泣くのは
今じゃないと自分に言い聞かせるんだけど
感情のコントロールが難しい。

 

ココロのバッテリー
エンプティ状態。

 

 

 

しおんの意思。

Image1_20190625124501

24日朝。
横になっている しおんの近くに
①馬肉
②鶏レバーとゆで汁
③グリーントライプ
④ヤギミルク
⑤水
並べて置いた。

 

 

けれど しおんは
食べ物に顔を背けて
水だけ口にした。

 

 

食べられないのもあるだろうけど
食べたくない、
しおんの意思なんだと思った。
(手から与えても食べない)

 

 

量は多くないけれど
水を口にできるのに
ミルクを飲まないのは
しおんがそう選んだからで、
しおんが決めた。

 

 

特別お散歩が好きな子でもなく
うちにいても
外を眺めるなんて
ほとんどしなかった子が
窓を開けて外の空気を入れると
気持ちよさそうに
ずっと窓の外を見ている。

 

 

24日夜。
鶏レバーをひとくち口にした。
水も飲んで排泄もした。
お刺身もあげてみたけど拒否。
茹でた鶏ささみも拒否。
たまごボーロも拒否。

 

 

 

25日朝。
茹でた豚レバーとゆで汁を完食。
たべられるならば
満足するくらい与えたいけど
レバーは量が多すぎると
下痢してしまうので悩ましい。

 

 

 

週末から息子2と私そろって りんご病。
父さんから
『母さん酒飲んでんの?耳まで赤いよ』と
バカにされる。
母さん、飲んでも赤くなりませんから!!

 

『父さんは感染しても黒いから(仕事柄日焼けして
真っ黒)わかんねーけど』
↑自分で言ってました。
確かに 黒いから赤くなってもわかんない。

 

息子2は顔と体と発疹がでているけれど、
発疹や顔が赤くなるときには
ほぼ終息しているんだそう。

 

母さんはというと
先日あまりにも身体が痛くて
お迎えを父さんに頼んで
仕事帰りに初めて整骨院に行ったんだけど
今思えば その関節痛が感染の症状だったのらしい。

 

潜伏期間は10〜20日!
おそるべし りんご病。

 

りんご病の診察で仕事をお休みして
息子やしおんたちとゆっくり過ごせたのは
いい時間だったと思っています。

 

 

 

置いていかれまい。

Image1_20190623212301

午後のお散歩。

しおんをお散歩に連れて行こうとしたら
さくさんがカート下のカゴに入ってました。


さくさん
さすがです。

 

 

あさんぽ。

Image1_20190623103101

おとといの夜は
しんどくてほとんど眠れなかった しおん。
昨日はごはんを一切口にせず
水もほとんど飲まず。
排泄もせず。
父さんも母さんも覚悟した。

 

 

してあげられることは
側にいること。
ずっと付き添っていました。

 

 

昨日の夜は
少し眠れたようで
今朝はほんの少しだけ
お肉を食べました。

 

ずっとお外を眺めている しおん。

 

 

今朝は母さんとふたりで
お散歩に出かけました。

 

お散歩している間は
身体の不調も少し忘れられるのかな。

 

午後から雨予報。
雨が降る前にもう一度お散歩行こうね。

 

それも個性。

Image1_20190621233501Image3Image5Image4

足先欠損のある つばき。

 

 

痛みがあるわけではないので
ふつうのわんこと変わらない生活をしています。

 

 

甘えん坊で
元気で人懐っこくて
自分が1番!
私!私!とグイグイ甘えてくる つばき。

 

その甘ったれの可愛い性格は
直接ふれあってもらうことで
どーんと伝わるんじゃないかと思うので
つばきが気になる方は
まずは面会からスタートしてみてください。

 

 

お散歩大好きで
フレンドリーで元気な子。
おトイレ完璧とは言えないけれど
シートの認識はしています。
前脚だけシーツに入っていて
おちりがはみ出しちゃうのは
ダックスあるあるだと思うけど。(*´-`)

 

ひろりんさんちで
おすわり 待て よし!も
しっかり覚えた賢い子。
おかわりもトレーニング中。

 

そんなつばきの可愛いところも
足先の欠損も
つばきの全てを受け止めていただける
里親さまを探しています。

 

まずは面会から
一歩踏み出してみませんか?

 

ご希望の方はお気軽に コメントかメールで
ご連絡ください。

 

 

ひろりんさんが
つばきをトリミングに連れて行ってくれたので
可愛さ増しています(*´꒳`*)

 

写真はトリマーさんから
いただいたものを使用しています。

 

ひろりんさん、
トリマーさん、
ありがとうございました。(*^^*)

 

気が紛れる。

Image1_20190621221801

夏の暑い時のように
口を開けてハアハア呼吸する。

 

苦しいから
寝ていられなくて
しんどい身体で移動する。

 

そして家族の側を離れない。

 

 

夕方少し遠い距離をお散歩に行った。

 

うちの中にいる時のようは
荒い呼吸ではなく
外の空気を楽しんでいるよう。
気が紛れるのかな。

 

 

明日は雨予報。
雨の切れ間に
お散歩できるといいな。

 

新潟地震


新潟の友達に
連絡してみたけれど
繋がらなくて…

わかちゃーん!
心配しています。

3わんず通院

Image1_27

午前中は あいらの通院
午後は うちの3わんずの通院。

 

息子2連れて 3わんずの通院は大変なので
診察中は ばぁばに息子2を見ててもらいました。

 

 

肺転移で呼吸も荒く
かなりしんどい しおん。
下顎リンパの転移箇所は
子供の握りこぶしくらいの大きさに。

 

 

さくさんはアルブミン値が
どーんと下がってしまい、
しずくは腎臓の数値
ちょっとだけ改善して
正常値の範囲内に入った。

 

 

いろいろあるけど、
今日から梅雨入り。
私の心も雨模様。

 

 

気分転換。

Image1_26

先月19日
メラノーマ からの リンパ転移と肺転移
しおん余命宣告受けました。
余命1週間から1ヶ月。

 

 

それから2週間が過ぎ
肺転移しているため呼吸は苦しく
トイレ以外は歩くことはないけれど、
好きなものだけは食べられています。

 

 

5月に入ってから
食欲が落ちて
これまでのカリカリ+トッピングだと
ごはんを拒否するようになり
今は完全手作りごはんにしました。
お肉ばかりだとお腹を壊してしまうので
野菜とおいもと鶏肉、白米を炊いています。

 

 

うちの中では
ほとんど寝てばかりだけど
リビングからお外の様子を眺めていることが
多いです。

 

 

金曜日の夜
しおんも一緒に ばぁばのおうちに
遊びに行きました。
車を降りてから
玄関まで少し小走りに走る姿に
母さんは呼吸苦しくなるんじゃないかと
びっくりしたしハラハラだったけど
久しぶりに会う
ばぁばやじぃじ、
ひぃばぁちゃんとましろ王子たちに
しおんは嬉しそうにご挨拶して
お家の中をチェック。
みんなからおやつをもらって
ご機嫌に過ごしました。

 

ああそうか、
苦しそうだと出かけないより
しおんはお出かけしたかったんだね。

 

もちろん呼吸は苦しくて
すぐに座り込んしまうけれど
みんなに会えて嬉しかったね。
移動が負担になるかなとか
いろいろ心配していたけど
しおんの楽しそうな表情に
連れてきて良かったと思ったし
安堵しました。

 

 

昨日の日曜日は
公園の木陰で気分転換。

 

 

 

痩せていく姿、
苦しく浅い呼吸、
酸欠でフラフラする姿、
時々起こるけいれん発作、
本当につらくてつらくて
なのに何もできない自分の無力さに
情けなくなります。

 

 

一緒にいたい気持ちはもちろんあるけれど、
苦しまないでほしい
思うことはそれだけ。

 

 

 

 

すみれちゃんの幸せ報告☆

 

すみれちゃんは

るーちゃんと言う
新しいお名前をもらって
毎日笑顔で過ごしています。

るーちゃんは
久しぶりに保護から譲渡まで
我が家で暮らした子。
うちの黒いお嬢さんたちの中にいても
全く違和感なく、
あっさりと幸せ掴んで巣立って行きました。

先住わんこがいないこともあるけれど、
里親さんと連絡している時から
なんの不安もなく、
幸せは確信していたけれど、
お見合い当日里親さんとお話ししたら、
本当に安心してのトライアル開始となりました。

トライアル中
毎日届く るーちゃんの様子、
里親さんを見つめる るーちゃんの目が
『うっとり』でした。
るーちゃん、
おめでとう!




前置きが長くなりました!
里親さまからの幸せ報告を
ご紹介させていただきます(*^^*)

るーちゃんパパさん、
るーちゃんママさん、
るーちゃんを幸せにしていただき
ありがとうございます!!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



るーちゃんを応援、見守ってくださった方々、
本当にありがとうございます。
我が家は、るーちゃんが来てくれてから、
一緒に新しく経験することが増えました。
毎日がキラキラしています。
るーちゃんが来てくれたからこそのことばかりです。

るーちゃんはとにかく甘えん坊で、
ご飯より抱っこ、お散歩より抱っこです。

るーちゃんは今6歳で、6月には7歳になります。

白髪もチラホラ見えてますが、元気いっぱい‼️
抱っこしてもらうまで、足をよじ登ろうと最後まで諦めません‼️
叱ると拗ねます。
でも、すぐにごめんなさいと機嫌をとりにきます。笑
一つ一つの姿が可愛くて、とても愛しいです。
るーちゃんを幸せにしてあげたい気持ちで、
るーちゃんをお迎えしましたが、
私たちの方が幸せにしてもらったと思っています。

るーちゃんは音に敏感です。
知らない人に会うと吠えませんが、
身を硬くしてしまいます。
何か理由があるのかもしれませんが、
今までどんな犬生を歩んできたのかは詳しくはわかりません。
だからこそ、
何でも初めてを一緒に楽しんであげたい❗️と思っています。
ありったけの愛情を注いであげたい❗️と思っています。

甘える、拗ねる、遊ぶ、イタズラする…と普通のわんこと何ら変わりありません。
可愛くて堪らないです❗️

 

一つでも多くの保護犬の命が救われることを願ってやみません。

 

 

 

 

B24f846b49954e54b20e66c0add8f3f0A8e56bf5860c4d62b9e6936c02571c26

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー