無料ブログはココログ

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月28日 (金)

腫瘍。

こゆたんの前脚びっこ。
原因はわき腹付近の腫瘍であることがわかりました。

私の覚書。


痛みがあるのか
引きずる側の脚は
床に着いているものの、
ほとんど体重をかけないので
見た目4本足で立っていても
実際に体重をかけているのは3本。


9月22日 診察。
腫瘍を発見
念のためレントゲンも撮影。
現時点でガンかどうかはわからないけれど、
良性でも悪性でも
場所的に筋肉や神経があるので切除不可。
どうしても切除となると
脚の切断という選択になる。
ガンだとしたら
転移したガンなのか
新しくできたものなのか。
細胞を取って検査するかは次回考えることに。
ずっとこゆたんの身体をチェックしてきたつもりだけど、
硬くできてるその腫瘍、
ここと言われて先生と一緒に触れても
私にはわからなかった。
3センチもあるのに。
療法食を食べなくなり
普通食それもドライフードを食べたがる。
ステロイドの注射2ミリ。
・プレドニン1mg錠 1回/日
・エースワーカー 1回/日
できるなら療法食を。
食べられないのなら普通食でもいいから
食べてもらうこと。
ガンかそうでないかで
治療方法に違いあり。

サーモンを茹でたり
サメを茹でたりして
ゆで汁たっぷりのドライフード普通食開始。



9月26日 診察。
血液検査
BUNは相変わらず高い。
腫瘍に針を刺して検査。
結果は9/29診察予定。
細胞を取るために針を刺しても
痛いと言わない我慢強いこゆたんに
泣けてくる。
療法食は食べないが
ドライフードと手作り食は食べている。
腎臓療法食にこだわらず
食べられるものを、
こゆたんがおいしくて幸せって思える、
喜んで食べるものを与えたいと思う。
プレドニンとエースワーカー継続

びっこであるものの
ケージを開けると
出たがるので
介助しながらトイレに行ったり
部屋の中を探検したり。
日中お留守番の時はケージin。
真夜中のホリホリはしなくなった。
排泄はしっかりできている。
プレドニンによる下痢もなし。
プレドニンの副作用でごはんを食べられているのかもしれないが
食べてくれていることに安心する。
8月に5.0キロあった体重が4.35キロにまで落ち込む。
普通食を食べさせることは、
腎不全の子の腎臓をさらに傷めることになる。
かなり心の葛藤がある。
でも、
わんこにとって食べることは
何よりの楽しみだと思うから、
それを奪って生かすのではなく、
ごはんが楽しみで嬉しいものであってほしいと思う。
そう思いながらも
複雑な想いに泣けてくる。


9月27日
息子1(こゆたんと犬猿の仲)が
こゆたんの頭をなでる。
息子1の姿を見れば
相変わらず唸る吠えるこゆたんだが
珍しく唸らずにだまったまま撫でられている。
(でもきっと我慢してる)
普段はこゆたんに無理に近づかない息子1が
頭をなでていることにもちょっとびっくり。
こゆきって名前は
息子1が名付けてくれたんだよ、こゆたん。

2018年9月20日 (木)

こゆきの腎不全。



9月初旬 こゆたん右前脚びっこ

9月8日 通院
レントゲンで乳がん転移の有無と
前脚の状態を確認
乳がんの転移も前脚の異常もなし
右下顎と右浅頸リンパの腫れあり
左乳腺のがんと右リンパの腫れ
関係があるかは現時点では不明
右前脚の痛みとの関係も不明
食欲あり
鎮痛剤の処方
・プレビコックス 0.5錠  1回/日
・タガメット 0.5錠 2回/日

9月13日 ごはん食べなくなる 薬も飲まない
療法食と薬の一切を拒否するが
普通食は食べるので普通食に変更
鎮痛剤中止

9月14日 夜中一晩中ひたすら床を掘る

9月15日 夜中一晩中ひたすら床を掘る

9月16日 通院
前脚のびっこは改善
リンパの腫れの大きさは変わらず
血液検査でBUN 90.7 CRE 2.1
後脚の力が弱い
椎間板ヘルニア検査、
軽度椎間板ヘルニア診断
薬を受け付けないことと
以前ステロイドに反応し血便した経緯があり
弱めの2ミリ注射
2〜3日ケージレスト
鎮痛剤処方されて一時的にストップしていた
腎臓の薬 エースワーカー再開
BUNが100超えたら
ごはんは食べられなくなる
現時点で食べられている方が不思議なレベル
食べられなくなったら点滴治療
BUNの数値でみると
水をたくさん飲むはずだが
なぜか以前より少なく 約260ml/日
何も食べないよりは
普通食でも食べた方がいいが
食べられるのなら
普通食より療法食
こゆたんの場合薬よりも療法食の方が
効果がありそう
リンパの腫れと脚の痛みと腎不全の
因果関係は不明
エコーで腎臓ほか臓器を確認するが
腫れや腫瘍は無し
エースワーカーは嫌がらずに飲める
腎臓療法食 スペシフィックCKWウェットフード
これだけは拒否せずに食べた
夜中一晩中ひたすら床を掘る
ケージにウレタン素材の硬めの長座布団を入れて
掘っても脚に負担がかからないように改善
段差に足が引っかからないように
プラスティックベッドを撤去
ペットシーツを入れると
掘って粉々にしてしまうため
シーツも撤去

9月17日 スペシフィック残さず完食
夜中の床を掘る行動 少し落ち着く

9月18日 ごはんを催促 スペシフィック完食
夜中の床を掘る行動 少し落ち着く
また前脚少しびっこ

9月19日 ごはん催促 スペシフィック完食
嘔吐あり内容物未消化
夜中の床を掘る行動 だいぶ落ち着く
前脚の痛み続く

いただき物の スペシフィック様様です!!
療法食のカリカリはもちろん、
ウェットの フォルツァ10 も k/d シチュー缶も
一切口にせず。

9月20日 早朝 下痢

寝たきりということもなく、
ケージから出すと
動きたがるし
見た感じだけでは
具合が悪そうに見えないくらい。
ただ 脚をかばって歩こうとするので
大きく頭と身体を揺らしながらの歩行。
無理してほしくないので
基本はケージレスト。
排泄もパンツにしているけれど、
1日数回トイレに連れてっています。

食べて欲しいし
お水も飲んで欲しい。
できることはしてあげたい。
私にできることって何だろう…。

私の判断で7月に二度目の乳がんの摘出手術をしました。
そのせいでこゆたんの腎臓に負担をかけてしまったのか。
腎臓の急激な悪化も、
こゆたんを毎日見ているのに気がつけなかった。
自分を責める。

この前まで
療法食のドライフードもガツガツ食べて
お水も飲んでいたのに
なんで急にこうなってしまった?
何か見逃していた事が
あったのだろうか?

手作りごはん頑張ろう!と思ったり、
腎不全の事を調べたり。
でも 調べるとその先を知ってしまい
また尻込みする。
病気と向き合おう!って思ったり、
向き合えなくなったり、
どーっと悲しみに襲われたり、
そんな日々を過ごしています。

2018年9月10日 (月)

犬まみれ。



息子2が寝ているところに、
こゆたんとさくさんも一緒にねんね。



おしゃべり上手になってきた息子2、
『しおん!じゃま!!』なんて言ったりします。

たしかに しおんは
息子が食べ物を落とすのを狙っているので
息子の側から離れないんだけれど…

じゃまなんて言葉、
誰が教えた~??


2018年9月 5日 (水)

ごーくん フリマデビュー??




ひろりんさんのわんこ服フリマ情報です♪


9/6(日) 水沢メイプル
9/16(日) 花巻広域公園
9/23(日) 花巻銀河モール
9/30(日) 水沢メイプル



ひろりんさんの手作りわんこ服
上記のフリマで販売予定です。


お天気によって
中止もあるかもしれませんが
よろしければ
足を運んでみてくださいね♪


そして!
9/16(日) 花巻広域公園のフリマには
ごーくんも同伴予定です。
ごーくんのことが気になるという方、
一度見てみてから検討したい方、
ぜひ 花巻広域公園にお越しください


ごーくんはというと、
結構なビビりさんなので
きっと愛想を振りまくことはなく、
しっぽinで気配を消しているのではないかと
思います。


慣れるまでには
時間がかかる子で、
いきなり手を出されるとびっくりしてしまいます。
ひろりんさん&ごーくんに一度声をかけてから
抱っこしてくださいね。



社会化勉強中のごーくんですが、
どうぞ温かく見守ってくださいますよう
ご協力よろしくお願いいたします。



ごーくんの募集要項は→こちら

2018年9月 3日 (月)

笑顔♪




いただき物のボーロが食べたくて
落ち着かないこゆたん。


食べることが大好きなのに
腎不全による食事制限があるので
できる範囲で気をつけるようにしています。


腎臓病の子が食べられるおやつを
もらったら
こゆたんキラキラおメメで
張り切ってわんわん催促。


食べられるって幸せだね。
美味しいって幸せだね。


こゆたんの
その笑顔を見られる母さんも
幸せだよ。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー