フォト

wans

  • あいら
    わんずの写真。 ちょこちょこ追加して行きます☆

« フィラリア検査。 | トップページ | ん? »

2018年5月10日 (木)

定期健診。




4/28。
今日は こゆき・しずく・さくらで定期健診。



こゆき。
今回で最後の乳がんの術後検診。(6回目)
月に一度のレントゲン。
転移は見つかりませんでした!
これで完治!
嬉しい気持ちと
他にできた小さな乳腺腫に不安もあるけれど
まずはひとつ乗り越えた。
そして腎臓病の方は
今回も正常値の範囲内でした。
尿素窒素BUN 20.3(正常値は9.2-29.2)
投薬治療(エースワーカー)と
療法食(ロイヤルカナン腎臓サポート&ヒルズk/dシチュー缶)で
コントロールできています。
食欲もあり、お水の量もこの1ヶ月で ずいぶん減りました!
体重はこれまでになく重い 4.7㎏!wobbly

*こゆき エースワーカー0.5mg/1日1回1錠




さくら。
さくさんの低アルブミンは
正常値より若干低い2.3で維持できています。
安定しているので
プレドニン(1㎎錠)をこれまでの5日に1回の服用から
6日に1回に変更してみることに。
以前はステロイドの服用を止めたくて
寛解のタイミングで薬を止めることに必死だったけれど、
薬をやめてしまうと不思議と再燃してしまう。
再燃すると結果的にまた高用量服用からスタートのの治療になってしまうので
発症から現在の3年間で学んだことは
お薬をいかに低用量で維持するか。
その量の見極めが難しいのです。

ステロイドを止めたことと再燃の因果関係は
はっきりとはしていないのだけれど。
体重は 4.3㎏ ちょっとむっちり。coldsweats01

*さくら プレドニン1mg/6日に1回1錠




そして しずく。
お口の状態が悪く(リンパが腫れる)
歯石除去手術をしたいのに
さくと同じ
『低アルブミン血症』により
麻酔のリスクが高く
手術ができない状態で
抗生剤で対処している状態が
2ヶ月続いています。
アルブミンは さくより低い1.6!
あと少し下がったら
腹水溜まってしまうし
急性腎不全を起こすリスク、
血栓ができやすくなり
傷が治りにくいなど様々な問題がある。


低アルブミン血症の原因が
歯周病という可能性も考え
抗生剤の治療から入ったけれど、
炎症を抑えても
アルブミンの値は上がりませんでした。
となると
アルブミンの値を上げるには
さくと同じステロイドの治療となるけれど、
ステロイドを飲めば
免疫が落ちる。
お口のトラブルも増える。
けれど
アルブミンが低いと
麻酔をかけられないので
歯石除去手術ができない。
実に悩ましい状態。

しずくは
今回から抗生剤とステロイドを併用にて
アルブミンが正常値になってから
歯石除去手術を予定しています。
リンパの腫れは
抗生剤でかなり落ち着いてきたけれど、
抗生剤は対症療法であり
ずっと続けられるものではないので
手術できるタイミングでしっかり治療したいと思っています。
体重は痩せ気味の2.45㎏。ベストは2.6㎏。

*しずく タラジンカプセル75mg/1日2回各0.5カプセル
*しずく プレドニン1mg/2日に1回1錠





今回 息子2同伴でわんこの通院。
父さん不在での診察だったので
人手が足りず
体調が安定している しおんは連れていかず
次回にしました。coldsweats01

« フィラリア検査。 | トップページ | ん? »

○こゆきの記録(前庭疾患・乳腺腫瘍)」カテゴリの記事

○さくらの記録(蛋白漏出性腸炎)」カテゴリの記事

○しずくの記録(頚椎・腰椎/椎間板ヘルニアと子宮蓄膿症)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フィラリア検査。 | トップページ | ん? »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ