フォト

wans

  • かぶき
    わんずの写真。 ちょこちょこ追加して行きます☆

« ふわふわ こゆたん♪ | トップページ | きなりさん。 »

2016年6月 7日 (火)

繁殖引退犬。

160607114553635_deco
雪猫さんのブログから きなりさんの写真お借りしてきました☆


経験がたくさんあるわけではないけれど、
それでも普通にわんこと暮らしているよりは
少し人より多くわんことふれあってると思う。


そんな私が思うこと。


これまでうちにホームステイしてきたわんこたち。
保健所から、
一般の飼い主さんから、
そして繁殖引退犬。


今回はその繁殖引退犬について
私の目線でお話ししたいと思います。


私が繁殖引退犬を初めて見たのは うちの こゆき です。
こゆたんのことは
以前のブログにも書きました。


当時岩手ではまだ繁殖犬とか里親とか
そんなに知っている人って少なかったのではないかと思う。
うん、10年以上前の話です。


まわりからは
繁殖犬は普通のペットとは違うと言われたこゆたん。
たしかにその時は
私も『大人のわんこはお散歩できて当然』って
なんの疑問も持たずに思っていたんだと思う。


こゆきは人を噛んだし、
最初の数日は声を発することもなかったけれど、
慣れてきたころには
唸る吠える…
息子が背中を向けるとおしりに噛みつく
人に慣れていないわんこの扱い方がわからず
とても苦労した。


大人のわんこは
トイレができて
手がかからなくて
お散歩ができて
それが当たり前だと思っていた。
でもこゆはそれがまったくできない。


なんでできないの?
単純にそう思ったっけ。


こゆを迎えて、
じゅーが来て、
ステイっ子が来て…
繁殖引退犬と言われる子達と暮らしてきた。
一緒に暮らしてきたからこそ、
今は自分の『普通』と思う感覚が
人とずれてしまっているかもしれない。sweat01


こゆきが家族になってから、
今はうちにステイする子達に
トイレができないのが『当たり前』
お散歩できないのが『当たり前』
病気があるのが『当たり前』
そう思うようになりました。


家庭犬出身の子は
当然のようにおトイレをシーツでするけれど、
できるわんこにびっくり!そんな感じです。
そもそも当時の自分は
繁殖犬がどんな生活をしてきたかすら
知らなかった。
知らないから、
できて当たり前という感覚があったんだと思う。


どんなわんこも
トイレはシーツにしているもんだと思っていた。
うちの子の環境を『当たり前』の基準にしていたから。



こゆきを含め繁殖犬の子達は
そもそもトイレシーツでおトイレする習慣がないのです。



教えてもらっていないことができないのは当然のこと。
できないのは教えてもらっていないから。
できないことは
教えてあげればいいだけです。


しつけができていない犬はちょっと…っていう方に聞きたい。
あなたは習っていない数式の問題解けますか?


若くて健康でトイレが上手にできて、
手のかからないわんこは わんにゃんらいふ。には おりません。


治る病気は治療をすればいい。
身体の不快な症状はできる限り取り除いてあげればいい。
治らない病気はじょうずに付き合っていけるように。
そんな考えで活動しています。


繁殖引退犬は
人の愛情に飢えている子が多くて
甘えん坊で愛されたい。
里親さんの愛情をたっぷりもらったら
べったりさんになります。
無垢な子が多い。
私の中ではそんなイメージ。


ずっとお母さんを頑張ってきた子だから
母性が強い子が多くて、
食糞する子もいる。
食糞する子をみると、
『産後間もないのかな?』とか
『寄生虫いるのかな?』とか
『消化不良かな?』とか
いろんなことを疑って
経過を観察しながら原因を探るんだけど
ほとんどの子は
一緒に暮らしていくうちに
食糞しなくなります。
だから私は問題行動とは思っていません。


しっかりお母さんをして、
産室をきれいに保つために
赤ちゃんのうんちも
自分のうんちも食べてしまっていたんだろうな。
その習慣の名残なんだと思う。


食糞は一般的にびっくりすることかもしれないけれど、
おむつ交換して
おしりふきできれいにする人間と違って
お母さんの母性の証拠なんだと思う。
きっとこの子は一生懸命
お母さん頑張ってきた子なんだろうな…
赤ちゃんを夢中で育ててきたんだろうな。
うんこを食べることを叱るより、
頑張ってきたんだねって声をかけてあげたい。
そう思いながら
なるべくうんこしたらすぐに片づけて
食べさせないようにする。
わんことjagabee☆母さんのうんこ取り競争。


お散歩したり
人との関わりよりも
わんこに囲まれた世界で生きて
赤ちゃん生んで、育てて
育てたと思ったら人に取られて…
また妊婦生活して…


3ヵ月の息子がいる私。
繁殖犬っていうのは、
人間で言えば
年子で出産繰り返してるみたいなもんだ。
よく頑張ったよ。
私にはできないよ。
それがどれだけ大変なことなのか、
自分に置き換えて考えてみてください。


人のために自分の身体を使って生きてきたわんこたち。
私はその子達だからこそ、
引退したなら、
それからは人のためではなく、
人に愛されて生きてほしい。
出産を繰り返して
鼠径ヘルニアになったり、
歯が弱くなったり、
頑張って生きてきたよ。
これからは
人に甘えて愛されて暮らそうよ。


うちのステイっ子達、
避妊手術が可能な子は
手術をしてから里親募集をしています。
もう、
お母さんは卒業!
子宮がなくなったら、
幸せの羽が生えてくるよ。


幸せに向かって羽ばたいて欲しい。



くるみさんは繁殖犬ではないけれど、
繁殖の施設で育っているので 社会化はまだまだ勉強中。


おれおさん、あかねさん、きなりさんは
繁殖引退犬。



預かりさんのおうちで
社会化のお勉強中のわんこたち。
今は環境の変化に慣れることに精一杯。
ゆっくりでいいよ。
少しずつ人とかかわって行こうね。



おれおさん
あかねさん
くるみさん
きなりさん
里親さま募集中です。shine


応援もよろしくお願いいたします!!







わんこを迎える選択肢
『里親』という方法がもっと一般的になるといいね。



大きなことはできないけれど、
文才もないし、
ことばを伝えるのが上手ではない私だけど、
それでもこのブログが目に留まった方に
里親という選択肢を知ってもらうきっかけになれたらいいな。
そんな風に思っています。





★゜'・:*:.。.:*:・'☆。.:*:...:*★:・'゜:*:・'゜*;・'゜★゜':*:.'゜★゜'・:*:.。.:*:・'☆。.:*:...:*★:・'゜:*:・'゜*;・'゜★



わんにゃんらいふ。では保護っ子のご寄付を募っております。
ご支援に関しては
こちら をご覧ください。



6/4現在 ご協力お願いできると助かるものは こちら になります。
自宅で余ってるよ!という方からのご協力
よろしくお願いいたします。



ペットシーツやフード等の物資のご協力につきましては
送り先をご案内いたしますので
お手数ですが メール でご連絡ください。



いただきましたお気持ちは
保護っ子たちの病気の治療費、食費、ペットシートやケア用品
健康診断、ワクチン、不妊手術代、ノミダニ予防、フィラリア予防など
すべて保護っ子のために大切に使わせていただきます。



収支明細(H23)は こちら をご覧ください。
収支明細(H24)は
こちら をご覧ください。
収支明細(H25)は
こちら をご覧ください。
収支明細(H26)は
こちら をご覧ください。
収支明細(H27)は こちら をご覧ください。




☆ご支援くださる方へ☆

フードやシーツ等の物資や
医療費のご支援を下さった方に、
ささやかながらお礼状を発送しております。

お手数ではございますが
メールまたはコメント欄よりご一報いただけると幸いです。

« ふわふわ こゆたん♪ | トップページ | きなりさん。 »

■わんにゃんらいふ。の想い」カテゴリの記事

★あかねちゃん(幸せわんこ)」カテゴリの記事

★おれおちゃん(幸せわんこ)」カテゴリの記事

★きなりちゃん(幸せわんこ)」カテゴリの記事

★くるみちゃん(幸せわんこ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ふわふわ こゆたん♪ | トップページ | きなりさん。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ