フォト

wans

  • Image1_5
    わんずの写真。 ちょこちょこ追加して行きます☆
ブログパーツ
dekiru足あと
無料ブログはココログ

« さくの病気のこと。③ | トップページ | さくの病気のこと。⑤ »

さくの病気のこと。④

2回目の診察(初診から4日後)の時には
すでに溜まった腹水は抜けていたと思う。


4日で1キロ体重が落ちて
小さくなったさく。
もっと早くに気がついてあげられなかった自分を
何度も責めた。



利尿剤は続けているが
あの頻繁なおしっこは
もうなくなった。




でも…



抜けたらそれでいいのか?
ちがう、
漏れ出る元を止めなければ。



どうして腹水溜まるのか?
…血中のアルブミンが少ないと
浸透圧の関係で腹水が溜まる


血中のアルブミンと
お腹に溜まる水。
血液と腹水。
私の頭では血管とお腹の水が
つながらない。


じゃあ、
どうしたら血中のアルブミンを増やせるの?
…ここが問題点。


蛋白質は
胃液・膵液・腸液によって
アミノ酸に分解される。
分解されたアミノ酸は
小腸で吸収され
門脈を経て肝臓に運ばれ
からだを構成している蛋白質(アルブミン等)に
合成される。


検査の結果
さくの小腸の腸壁は
炎症により2倍の厚さに腫れていた。



高蛋白低カロリーの
鶏ささみを食べさせてと
医師から言われる。


この日のアルブミン値は1.4。
まだ腹水が漏れていることを意味した。



カリカリごはんを
療法食のロイヤルカナン
低分子プロテインライトにした。



低分子プロテインは
蛋白質を分子レベルまで分解した
加水分解蛋白を使用した療法食。



血液にアルブミンが少ないなら
点滴でアルブミンを入れられないの?
単純にそう思ったけど
それはできないということでした。

« さくの病気のこと。③ | トップページ | さくの病気のこと。⑤ »

●さくらの記録(蛋白漏出性腸炎)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« さくの病気のこと。③ | トップページ | さくの病気のこと。⑤ »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー