フォト

wans

  • Image1_5
    わんずの写真。 ちょこちょこ追加して行きます☆
ブログパーツ
dekiru足あと
無料ブログはココログ

« さくの病気のこと。⑧ | トップページ | さくの病気のこと。⑩ »

さくの病気のこと。⑨

10月。
最初の治療から何度目の診察だろう?


9月にフラジールを中止して
薬はプレドニン(ステロイド)だけになっている。
そのプレドニンも
この時には2日に1回半錠。


この日の血液検査の結果は
過去最高値を記録
アルブミン値 3.0!!
(ちょっと脱水気味だから
数値が高くでたというのもあるそうだけど)


前回の診察の後に
手作りごはんを開始したから
結果が悪かったら
私の作る食事が合わないということで
緊張の血液検査だった。



良い結果にホッとした。




安定してきたので
これまで2週間ごとだった通院が
1ヶ月になった。


プレドニンも
2日に1回(1日おき)だったものが
3日に1回になった。



ステロイドは
急に止めるのは危険なので
順調に回復したとしても
断薬までにはまだまだ時間がかかる。



停滞期の頃だったと思うけど、
ステロイドの副作用の怖さから
プレドニンじゃなくて
アトピカ(シクロスポリン/免疫抑制剤)ではダメなのか
質問したことがある。



それは
しおんの自己免疫性溶血性貧血の時に
アトピカを使用することで
ステロイドの量を抑えた経験から。


…アトピカはすごく高価だけど
それでも副作用のリスクをカバーできるなら
そうしたいと考えた。


でも、貧血と違い
この病気には
ステロイドが一番シャープな効き目があるとのこと。


高価で反応が良くない薬より
もう少しステロイドを継続しましょうとの話になりました。

« さくの病気のこと。⑧ | トップページ | さくの病気のこと。⑩ »

●さくらの記録(蛋白漏出性腸炎)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« さくの病気のこと。⑧ | トップページ | さくの病気のこと。⑩ »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー