フォト

wans

  • かぶき
    わんずの写真。 ちょこちょこ追加して行きます☆

« 保護わんず。 | トップページ | カメラ目線♪ »

2014年11月18日 (火)

隔離期間。

保護わんずを引き受けると
その子達の生活は
隔離スペースからスタートします。



サークルを隔離して
他の子と接触させず
感染症を持っていないか
様子を観察をします。



外部から来た子は
ジステンバーやパルボ持っているかもしれないし
疥癬や耳ダニ、回虫などの寄生虫がいるかもしれない。
真菌もってるかもしれない。



もし持っていたとして
他の子にうつさないように
しなければなりません。



治療が必要な子は治療を開始します。



何も無い子でも2週間は
サークル隔離生活をして、
それからリビングデビューとなります。


この2週間は
いきなり環境が変わったうえに
サークルに閉じ込められ、
わんこにとっては
かなりのストレスもあると思います。



保護してる方としても
毎日続く夜鳴き、
掃除、洗濯、シャンプー、耳そうじ…
一番大変な時です。


信頼関係ができている訳ではないので
どうやって接していこうかと
気を遣います。


アレルギーがあると心配なので
一度にいろんな物を与えず
メニューは少しずつ増やしていきます。
もしアレルギー反応があれば、
今日はこれを食べたからかな?と
分かりやすくするために
一度に何種類もの食品を与えないようにしています。



それでも
平日は仕事もあるし、
一人暮らしの私なので
目が行き届かなくて
見逃してしまうこともたくさんあると思うし
満足に手をかけてあげられないことも多いです。


病気のことも
経験不足で気がつかないこともあります。
わからないこともたくさんあります。



ひとつのいのちを預かる。
ましてやどんな性格か病気を持っているか、
なにもわからない子を保護するのだから、
簡単なことじゃないのもわかってるし
…毎回緊張します。



普通の家庭犬と比べたら
至らないことばかりだけど、
でも、
暖かいスペースと
温かいごはん
できる限りの医療やケアなら
なんとかなる。


幸い私の家族の理解はあるから、
一度にたくさんの子は難しいけど
少しずつなら受け入れられる。


そんな事を思いながら
ちょこちょこステイっ子を受け入れています。





そして
そんな一番大変な時期の保護っ子を
いつも快く引き受けてくれるのが
一時預かりのむにゅ☆さん。


忙しいのに
いつもありがとう!!


かぶきは保護から3ヵ月、
むにゅ☆さんに預かってもらっていました。
うちに戻ってきたときには
サークルはトイレとベッド
分けて使えるようになっていたし
お散歩もすんなり。



いつも気さくに引き受けてくれるので
甘えてばかりですが
本当に助かっています。


むにゅ☆さんの協力がなかったら
2わんずコンビでの保護はあり得ません。



わんにゃんらいふ。は
小さなことしかできないけれど、
ひとりではできないことを
ボランティア仲間や
一時預かりさん、
ご支援くださるみなさん、
里親さん、
たくさんの方に支えられて
しあわせなわんこを送り出しています。



これまでもこれからも
マイペースに
できることを続けていけたらと
思っていますので
今後ともよろしくお願いいたします。

« 保護わんず。 | トップページ | カメラ目線♪ »

■わんにゃんらいふ。の想い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 保護わんず。 | トップページ | カメラ目線♪ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ