フォト
ブログパーツ
dekiru足あと
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

右前足。

昨日は5時キッカリに退勤!
6時前に家について、しおんを確認。

期末テストで午前授業だった息子も
部屋ではなく、リビングでしおんの様子を見ながら勉強しててくれました。

しおん、昨日よりは明らかに元気。
しっぽもちょっとフリフリ♪

でも、いつものように飛びついて
おかえりって喜んで吠えて、抱っこの嵐の大歓迎!をしてくれない…。

自分から庭に出ていくし、歩くようにもなったけど
吠えないしおんはしおんじゃない。

しおんの行きつけの病院は、時間外診察はしていないので
これから向かっても時間内には絶対間に合わない。

そこで、
父さんにも電話して相談して、
悩んだ末
ジャガビー☆地方にできた新しい病院に電話をかけてみました。

今の症状を伝え、自己免疫性溶血性貧血(AIHA)とてんかんの持病があることも伝えました。

『難しい病気持ってますね』って…

今までの血液検査のデータを持って、
その病院に向かいました。

6時半く過ぎに到着して、
さっそく歩くしおんの様子をみる先生。

ヘルニアを疑って検査もしてもらいました。

が、

どこを触っても痛がらない。

最終的には骨折も無いようだし、
ヘルニアでもないし、
とりあえず痛み止めを処方ということになりました。

今までの血液検査の記録と、てんかんの記録メモで
AIHAとてんかんの治療についても相談しました。

そして、病気についてもいろんな説明を受けました。
すごく丁寧にわかりやすく説明してくださいました。

先生が違うと、考え方もいろいろあって
こたえはひとつじゃないって感じた。

驚愕反射てんかんなら、
『タウリン』飲ませてみたらいいかもしれないとのことで
てんかんのお薬として『タウリン』処方してもらいました。
今飲んでいるフェノバールに追加、お試し3日分。
(ジャガビー☆、タウリンは猫のてんかんにだけ効くと思ってた)

てんかん持っている子は避妊手術で発作の回数が減ることもあるそうで
ただ、今のしおんのCPKの数値では
麻酔かけて発作を起こす可能性を考えると
避妊手術は危険であることも教えてもらいました。

すごく熱心に丁寧に説明していただいたので
正直、母さん一人で聞いたのはもったいなくて
今後のしおんのことを考えたら、
父さんにも聞かせたかった~とちょっと悔しい。
(先生からの説明を聞き逃したくないので
普段病院はなるべく二人で行っています)

こちらの病院なら遅くまで開いていて
緊急時は夜間対応もしてくれるそう。

母さんのいつもの帰宅はだいたい7時。
それから病院に連れて行けるってすごく助かる。






診察室を出て、
薬の処方と会計を待っていたら
父さんが病院に入ってきました。

父さん『(しおん)どうだった?』

母さん『大丈夫だよ!』笑顔の母さんを見て

父さん『んじゃ、帰ってるから!』…って

すぐに帰ってしまいました。


会計を済ませて、帰ろうとしたら
先生『右前足かも!』って。

なんとなく、
右前足の運びが小さいそう。

抱っこを嫌がるのは
右前足を軽く痛めたのだろうという結果になりました。


今日になり、
お薬の効果なのか、よくなってきたからなのか
しっぽぶんぶん、お帰りのわんわん、
抱っこ~、腹ヘッタの要求、いつものわがままっぷり復活です。

これでこそしおんだよね。

しおんが笑うと
みんな笑顔になります。



ご心配おかけしました。

続きを読む "右前足。" »

しおん病院へ。

しおん病院へ。

しおんを連れて
病院に行ってきました。
結果から言うと
前の右足を痛めたのではないかとのこと。
鎮痛剤と胃薬で、3日間様子見。
ヘルニアの検査もしたけど
大丈夫でした。
てんかんや貧血の心配もしたけど
どうやらその疑いもなくなった様子。

とりあえず、
ほっとしました。
今日は疲れたので、
詳しくは明日のブログに
書きたいと思います。
初めて行った獣医さんでしたが
説明もしっかりしてくださって、
とても安心しました。
しおんを心配してくださったみなさま、
ありがとうございます。

今朝のしおん

今朝のしおん、
やっぱりどこか元気がない。

歯茎はピンク、
貧血の白さは今はない。

自分で庭にも出ていって
おトイレも済ませた。

ごはんも食べた。

でもね

静かなの。

呼んでも来ない。

しっぽも下に下がってる。

目が生き生きしてない。

抱っこすると、
いたがる様子。

後ろ足の引きずりや麻痺はない。

痛いのは脇腹?

痛いのか、
具合が悪いのか、
てんかんの関係なのか、
貧血なのか…。

何があったの?

母さんが帰宅したら、
しおんの様子がおかしい。

立てない。
歩こうとしない。
元気がない。

前発作かと様子をみても、
発作は起こらなかった。

痛いの?
具合が悪いの?

おやつも食べるし
ごはんも食べた。

おしっこも、
うんちもできた。

でも、
何かが違う。

自己免疫性溶血性貧血の時もそう。
確かな何かがあったわけじゃない。

あのときも、
元気がなくて、
おかえりって飛び付いて来なかった、
それだけ。

病院に電話して、
ヘルニアについても聞いたけど、
その可能性は少ないらしい。

今日は父さんもビールを飲まず
緊急時に備えます。

朝起きたら、
『昨日はなんだったの?』なんて
笑い話になりますように。

待つでち!

待つでち!

しずくでち!
今日は母しゃんと一緒に
お風呂に入りまちた。

バケツ風呂に
ゆっくり浸かって
気持ちよかったでち〜。

ドライヤーも終わって、
さらさら、ふわふわ
いい匂いになりまちた。

なのに…
ごほうびのジャーキー、
『待て!』させられてまち。

母しゃん、まだでちか?

我慢限界でち…

通院(6月20日)

今日はしおんの定期健診に行ってきました。

デート?



☆血液一般検査
RBC(550-850)…651万(正常値) ←赤血球数
WBC(6000-17000)…7500(正常値) ←白血球数
Ht・PCV(37-55)…50.2(正常値) ←血液中に占める赤血球の割合
Hb(12-18)…16.4(正常値) ←血液の酸素運搬機能の高低

☆血液生化学検査
GPT(15-70)…15(正常値) ←肝臓などの酵素
ALP(20-150)…250(↑) ←肝臓などの酵素
BUN(10-28)…5.3(↓) ←血液尿素窒素・腎臓機能チェック
CPK(10-199)…767(↑) ←中枢神経の障害など

体重10.40㌔


やっぱりCPKの数値、高いです。
この1ヶ月の間に、てんかん発作を3回確認しました。
もしかしたら、不在中も起こしているのかもしれません。

前回正常値だったBUNが正常値から外れてしまいました。
腎機能の低下?経過観察。

続きを読む "通院(6月20日)" »

やっぱり。

今朝5時32分の地震で
しおんの発作が始まりました。

震度4。
2階の寝室に居たので、大きく揺れを感じました。

寝ているときに何かしらのびっくりがあると
それが発作の引き金になりやすいしおん。

こわかったよね、
びっくりしたよね。

余震、来ませんように…。

困ったちゃん。

新しい敷物は
『あたちの!』と
自己主張したくなる、しずく。
洗濯したばかりのタオルケットに
ごろん、ごろん。

からだをこすって…
困ったちゃん。
(ごろん、ごろん、新しいって気持ちいいよね♪)


ちゃっ…。


『ちゃっ?


『しずく〜!!

…マーキング。


現行犯につき
母さんにガッツリ叱られました。

困ったちゃん。
(・・・ごめんなしゃいでち)


さっき、タオルケット
取りかえたばかりなのに、
早すぎる…。

梅雨入りして、
洗濯物が乾きにくいのよ。
少しお手柔らかにお願いします。

一番ちびすけで
四女、末娘。

からだが小さいなりの、
しずくなりの自己主張。
その気持ちも十分わかるんだけど
『ごろん』までで止めてほしいなぁ。

続きを読む "困ったちゃん。" »

だまされたっ!

だまされたっ!

 
さくでち。
 
母しゃんが
『行くよ〜!』って言うから
お出かけかと思って
張り切ってリビングを出たら
 
…着いた先はお風呂場でちた。Σ( ̄□ ̄;)


 
『えっ、あたち、臭くないし
先にしおんにしたら?』って言ったんだけど
 
母しゃん、
あたちの話を聞いてくれなくて
結局、無理矢理シャンプーされまちた。
 
 
しかも2回。
 
 
 

『ちゃくわんの抜け毛すごいから
排水口つまっちゃったよ〜』って母しゃん言うけど
 
んじゃあたちのこと
シャンプーしなきゃいいじゃんっ!
 
 
もう、母しゃんなんて大キライ。
 
 
 

あ、
でもごほうびのオヤツは
食べてあげてもいいよ。
 
すなぎものヤツね
 
 
 
 
 

なづなちゃん、おめでとう☆

1月から我が家にホームステイしていたなづな
5/27よりトライアル生活に入り、
6/5正式譲渡となりました。


保護当時、背中の骨がゴツゴツ触れるくらいに痩せていて
毛玉もびっしりだった、なづ。
お鼻がまっかっかで、痛々しかった、なづ。
迷子犬として保健所に収容された、なづ。
ずっと周辺を彷徨っていたの?
だとしたら、交通事故に遭わなくて、本当によかった…。

寒い冬のコンクリートの上で
ずっとお迎えを待っていた、なづ。
真冬の寒さの中、頑張ったなづだから、
絶対に幸せにしなくちゃ!って思った出会い。

…気が付けばあれから半年近く過ぎ
我が家でのボスの座を狙うまでに馴染んでおりました。








なづなの一番の心配は、『気が強い』こと。

以前先住わんちゃんとの相性が合わず、
素敵な出会いがあっても
トライアルへと進めなかったことがありました。

我が家に居ても、しおんとぶつかることがあり、
気が強い子との同居は難しく、
先住わんちゃんとの相性が鍵でした。

里親さんには、
おトイレができないこと、
気が強いこと、
わがままで、やんちゃでパワフルで…
なづの性格と、悪いトコロも事前にしっかりお伝えしていましたが
先住わんちゃんとの相性、
そればっかりは会ってみなければわからない。

先住ダックスのジェイくん、
里親さんからおっとりさんだと聞いていたので
お会いする日を
ドキドキしながらも、とても楽しみにしていました。
(きっとなづちゃんの方が上になると思いますとご連絡いただいていました





そしてお見合い当日、
ジャガビー☆の心配はなんだったの?くらいに
ジェイくんと仲良くできたなづ。
なづが走ると、ジェイくんが後を追いかけて
里親さんの言うとおり、
『女が強い方が家庭は円満♪』
とてもスムーズにお試し生活へと入って行きました。

なづ~、素敵なパートナーでよかったね!
優しいジェイくんを大切にするんだよ~!

一緒にお昼寝している写真は本当にほほえましくて
見ているこちらがほっこり幸せになります。





なづなのトライアル、
なづな自身が、ご縁を自分の手で掴んで、選んで、
自分の意志で、幸せへと歩いていったのだと思います。

少し話が前後しますが
5/27のお見合い当日の朝…
なづなと河川敷をお散歩して、
父さんはそのまま河川敷の駐車場に車で待機、
母さんはそこから歩いて里親さまのお宅に伺いました。


4時間以上長居させていただき、
ジェイくんとの様子も確認、
いろんなお話をして、
楽しいひと時を過ごしました。
(美味しいケーキと紅茶、ごちそうさまでした!!

お見合いを終えて、
お家の前で父さん待機中の車に乗り込むと…
車内になづなにつけていた迷子札がありました。

『あれ?父さんなづの迷子札、外してくれてたの?』と、聞いたら
『里親さんちの入り口で、何か落ちてると思って拾ったら、
うちの名前と電話番号書いてたから拾っといたよ』

どうやら、お邪魔する際に、お宅の入り口の前でプレート部分が外れたらしい。

ジャガビー☆家の名字が書かれた迷子札。
なづなはきっと、『これ、もういらない!』と、わかっていたのかもしれない。
なづがここのおうちの子になりたい!!と願ったんだと思います。

本来外れてはならない迷子札、
百均の安価なものだけど、
今までは外れたことの無いそれが、たまたまおうちの前で落ちたこと、
きっと意味があるんだって思うんです。

なづが、ずっと待ち望んでいた名字を、自分の意志で手に入れたような気がして
なづらしいなぁ…と、嬉しいような、さみしいような。

だけど、私の中で、この出来事は、すごく運命みたいに感じています。



なづ、本当におめでとう。
なづのやんちゃっぷり
遠くから見守っています。

あらプチさま、どうぞよろしくお願いいたします。
そして、美音ちゃん、ありがとう。

なづなの様子は、
あらプチさんのブログでご覧くださいね


続きを読む "なづなちゃん、おめでとう☆" »

何気ない。

何気ない。

何気ない。

何気ない。

我が家の日常。
たまごちゃんを
投げてもらうのを待つ さくら
『バーン!』で
打たれる しおん

どこに向かって銃を発射しても
必ずしおんに当たってしまうらしい…。
(時々さくにも)
わんわんず、
右から
しずく(カニンヘン・ダックス)
しおん(スタンダード・ダックス)
さくら(カニンヘン・ダックス)
こゆき(ミニチュア・ダックス)
久しぶりに揃って写真撮影。

魅了されちゃった☆

魅了されちゃった☆

土曜日に
父さんの後輩がお泊まりに来ました。

わんず、最初は吠えるものの…
においをくんくんしたら
あとは遊んで欲しくてかまってちゃんに変身!

さくらとしずくは
しっぽふりふり、
後輩くんの手を鼻で持ち上げて
何度も『撫でて♪』と繰り返す。

そんなわんずの可愛らしさが
ズキュン♪と来たのか
翌日曜日、両親と相談したんだけど
わんこを迎えたい…と
父さんに電話が入りました。

成犬もかわいいでしょ?

こうやって、少しずつでもいいから
成犬の里親になるって選択肢が
世の中に広がるといいなと思う。

続きを読む "魅了されちゃった☆" »

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー