フォト
ブログパーツ
dekiru足あと
無料ブログはココログ

« 自己免疫性溶血性貧血 | トップページ | 通院(12月20日) »

通院(12月19日)

通院(12月<br />
 19日)

朝いちばん、

病院に行きました。

まず先に採血。

血液検査の結果は

昨日のステロイドの効果で

白血球、赤血球、血小板共に

数が増えてくれました。

昨日の数値の2倍には届かないけど

それに近い数値で延びてくれました。

今日もステロイドの注射して
明日の検査によっては

輸血をしないで

免疫抑制剤とステロイドで

治療ができるかもしれないそうです。

ただ、

現段階では

『正常な血液を壊してしまう』のか

『血液そのものを作ることができなくなっている』のか

まだはっきり判断はできません。

それを判断するには

大学病院での骨髄の検査が必要で

今の体調のちいちゃんは

その検査の負担をさせられる状態ではありません。


ごはんは食べるし

おトイレにも行きますが

絶対安静と言われました。

昨日は
血液検査
血液塗沫検査
エコー検査
レントゲン検査
尿検査をし
ステロイドの注射を

今日は
血液検査
ステロイドの注射をしました。

抗てんかん薬は医師の判断により

本日から中止しました。


先生からは

『珍しい病気ではないけれど難しい病気だよ』と

言われました。


昨日は
あまりにも気が動転していたましたが

昨日より数値が良くなったことで
少し安心することができました。

まだ、基準値の半分以下の白血球、赤血球、血小板。
どうか、少しずつ
治療が始められますように。
そして
たくさんの方のあったかい気持ちに
ちいちゃんも家族もみんな
救われています。
本当に本当に
ありがとうございます。

« 自己免疫性溶血性貧血 | トップページ | 通院(12月20日) »

●しおんの記録(癲癇・AIHA・メラノーマ)」カテゴリの記事

コメント

はじめましてvv
お友達のセコママちゃんから連絡があり、ブログを読ませていただきました。
うちのセラも、同じ病気です。
発症は2008年8月30日頃でしたが、ホームドクターでは対処しきれず緊急に東大で見ていただく事になりました。
セラ貧血の数値は、通常のワンちゃんが「30~40」なのに対して「7」でした。  「4」までいったこともあります。。。。。
病院では、2日に1度の輸血を2回と酸素のお部屋で安静。
後は様子見で、数値が下がりすぎたら輸血の繰り返しでした。
お薬は、プレドニン(ステロイド剤)・パセトシン(抗生剤)・ファモチジン(胃薬)を、今での飲んでます。
最悪の時は、この他に5種類のお薬と病院の先生の了解の元に飲ませてたサプリ&プロポリスでした。

セラは入退院を繰り返し、先生からも「覚悟して下さい」と言われ、だったら家で最後を過ごさせ家族で看取りたいと思い、退院させました。
人間の、免疫にイイ大根ならワンちゃんも食べれる事を知り、セラに毎日与えました。
サプリも、癌にも効いたと言うサプリをネットで調べてホームドクターにお願いして取り寄せて頂きました。『アスコルベイト+(M)(動物用)』と言う、ビタミンのサプリらしいです。

漢方・鍼など色々試してみましたが、セラにはコレが効いたみたいです。
ちいちゃんは、ご飯も食べれてトイレも自分で行けるならセラより元気ですから、頑張って下さい!!

参考になるかは、分かりません・・・
少しでも、お役に立てればと思いコメさせて頂きました。
今のセラは、長期にステロイド剤を服用していた為、糖尿病→白内障になってしまいましたが、とっても元気にです♪

ちいちゃんも、1日も早く元気になれますように陰ながら応援してます。

ごはんも食べるし トイレに 歩くことも できるんですね。よかった。回復していきますように。
繰り返すと危険なので 脾臓摘出して ピンピン
元気になりました。
酸素室に 半月ぐらい いましたよ。
いろんな症例があると思うので ちいちゃんに
合う治療が 見つかりますように。
乗り越えて 元気に なりますように。

いちよう、供血の件は引き続き声かけを続けますね。

供血の際は何処の病院での検査となりますか?

ちいちゃん、つらいでしょうね。
突然の病気驚きました。
身体に負担の少ない治療で、1日も早く元気になりますように。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自己免疫性溶血性貧血 | トップページ | 通院(12月20日) »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー