フォト
ブログパーツ
dekiru足あと
無料ブログはココログ

« ゆうとの様子 | トップページ | おさんぽ »

ご支援くださった皆さまへ

ご支援くださった皆さまへ

本日午後6時、ゆうとがじゅーのところへ旅立ちました。

夕方4時すぎにお見舞いに行きました。
酸素室の中のゆうとをそっとのぞくと
苦しそうに呼吸をしながら眠っていました。


酸素室での呼吸も苦しいのだから、
もう苦しませないであげるべきなのではないか…
医師からはそう告げられました。

だけど…答えが出せないまま帰宅し
banibaniさんにその旨をお伝えしました。


もしかしたら、キセキがおきて
元気になるかもしれない…
そう思うと、
『安楽死』はできなくて
だけど、目の前のゆうとは
今その瞬間も苦しんでいて…

先生、banibaniさん、ジャガビー☆父さん、みんなで話して
『安楽死』を決めたけれど
だけど、ゆうとは
私達夫婦が病院に向かう前に息を引き取りました。

何が正しいか
わかりません…。

最期は苦しみながら息を引き取りました。

側にいてあげられなくてごめんなさい…。
何にもしてあげられなくてごめんなさい…。

もっとこうしていたら…
そんなことばかり考えます。

ゆうとにご支援くださった皆さま
本当にありがとうございました。

今は気持ちの整理がつかず、
うまく文字にできません…。
だけどゆうとはたくさんの方に励ましてもらって、
今までがんばってきました。
本当にありがとうございました。

« ゆうとの様子 | トップページ | おさんぽ »

●ゆうとの日記」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。。。
ゆうとくん、本当に頑張りましたね。
出会ったのは4月でしたよね?病院の待合室で姉とジャガビーさんと抱っこしたら惚れるなんて何も気が付かず笑い、その後あと1ヶ月…。と診断され、目を真っ赤にしながらゆうくんを見守りたいと言ったジャガビーさんの顔を思い出していました。
あれから5ヶ月も家庭犬として、ジャガビーさんの愛を精一杯感じて過ごすことが出来て、それだけでも奇跡です。
あとはじゅーちゃんがきっとジャガビーさんの代わりに、ゆうくんをしっかり見守ってくれますよ。
向こうではきっと元気に走り回ってます。

ゆうくんはきっと幸せでした

ジャガピー家のみなさんありがとうございました なかなか出来ない役を、辛い役を全うして下さり 陰で見ていただけの私でしたが感謝の気持ちでいっぱいです ゆうと君は絶対幸せでした 沢山の家族に愛されて。この世に産まれて最高の幸せをジャガピーさんが与えて下さいました どうぞ笑顔で送ってあげて下さい 後はじゅーちゃんがしっかり躾てくれますよ じゅーちゃんの食いっぷりに負けじとモリモリ食べて元気に走り回る事でしょう お座りはパパが教えてくれたから大丈夫ですよね!ゆうと君 呼吸も楽になり大好きなお姉ちゃんの待つ虹の橋駆けずり回ってますよ 本当にありがとうございました

ありがとうございました。

ジャガピーさん、ゆうと君は幸せだったと思います。「何もしてあげられない」って言うけど、そうじゃないよ。一杯一杯愛して貰って、普通のわんことしての生活をジャガピーさん一家はゆうと君にさせてあげたじゃないですか!
あのショップに居たら、楽しい事も、美味しいも、お姉ちゃんわんずと遊ぶ事も知らずに、お日さまの匂いや暖かさ、風を感じる事も無かったと思う。
全てを短い期間でやってあげる事は誰がやっても無理です。
でも、ゆうと君に色んな世界を教えてあげれた事をどうか自信を持って下さい。
ジャガピーさん達で無ければ出来なかった事だと思うから・・・

苦しそうに呼吸をしてる姿を見た時、あの後、奇跡的に安定した生活を送れた事。
この奇跡はどこから来てるんだろう?と思いました。
愛情だよね?
ジャガピーさん達の愛情にゆうと君は精一杯応えようとしてたのだと思うのです。

看取りは辛いです。
その辛い事をかってでてくれたジャガピーさんに本当に感謝してると思います。

じゅーちゃんがちゃんとお世話をしてるでしょう。
不自由だった体から、今は一杯走っても遊んでも苦しくない体になってると思います。
食いしん坊じゅーちゃんと一緒に美味しいものを食べてるかも。

そして、いつか、今度は健康な体でまたジャガピーさんのお家にやってくると思いたい。
(私は生まれ変わりを信じたいので・・・)

本当にお疲れ様でした。
今は一杯泣いて下さい。
わんちゃんが渡る三途の川は愛しい人の涙で出来ているそうです。
一杯泣いてあげないと川の水量が足りなくて、渡れないんだって。
だから、泣いて良いんだよって。


初めてまして
ジュエルの最初の預かりをさせていただいたものです
ずっとブログをのぞかせていただいていました
私は悪徳ブリーダーのレスキューをしたくて代表になきつきました!
しかしその後ブリーダーの人生や犬たちの命の重さを考えてしまい二の足を踏んでしまいました
そして辞めてしまいました。
私はジャガビーさんを尊敬してます
ジュエルが亡くなり主人と涙を流し思い出を語りました
その後ゆうと君もジュエルを追いかけてしまって胸がしめつけられます
なんと声をかけたらよいのか言葉はみつかりませんが
ジュエルは初めて家族が出来て初めて家が出来て幸せだったのだと思います
ありがとうございました

ありがとうございました。
ゆうと君に暖かい家庭を、愛情をいっぱいありがとうございました。
短い時間だったかも知れませんが幸せに暮した事を忘れないと思います。
辛い別れですが・・・
心よりご冥福をお祈り致します。

ゆいさんへ
あのときの小さなゆうとが、少しずつ成長して
しずくよりも大きくなったのが
とても嬉しかったんです。
きっと、じゅーちゃんと一緒に走り回っていると思います。

りーじぇんさんへ
私もゆうとと一緒の時間を過ごすことができて
幸せです。
じゅーにはかなわないけれど
ゆうとも食べることが大好きな子なので
きっと一緒に走って食べて、遊んでいてくれていると思います。
ゆうととじゅーと出会えて、本当に良かったです。

むにこさんへ
まだまだ思い出しては泣いてしまうけれど
ゆうととじゅーと過ごした日々は宝物で
この子と出会えて本当に良かったと思っています。

ゆうととの時間は大変だったけれど
幸せでした。

脳発作からの回復
皮膚病の治癒
ワクチン接種や
お散歩デビュー
いろんなことに感動して
感謝して
今があります。

むにこさん、ありがとうね

ここみくさんへ
じゅーちゃんの預かりブログ、当初から拝見しています
楽しみに見ていました。
じゅー、レスキュー当時からあんな暴食だったのですか?
いたずらも我が家ではかなりすき放題やってくれましたが
そんなじゅーちゃんが大好きです。
じゅーを救ってくださってありがとうございます。
初めての家庭犬生活がここみくさんファミリーで嬉しいです。
私の知らないじゅーのこと
これからも教えてください

masayoママさんへ
本当はもっともっと、
ゆうとと一緒の時間を過ごしたかったです。
時間は短かったけれど、でも
私も幸せだったし
ゆうともそうだと信じています。

ありがとうございました

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ゆうとの様子 | トップページ | おさんぽ »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー